FC2ブログ
topimage

2021-05

北の風に乗ってをご覧いただきありがとうございます。 - 2037.01.01 Thu

北の風に乗ってをご覧いただきありがとうございます。

当ブログは北海道を中心に全国のバス情報やバス画像を公開しています。
更新頻度は低くなっていますが、最近のバス動向を中心に更新を行っています。
※最新の記事はこの記事の2つ下、車両在籍表はこの記事の1つ下にあります。

最終更新日:2021年4月29日(記事更新)

☆管理人運営サイトのご案内
●管理人運営ホームページ
さっぽろバスピクトリアル
複数名で管理しているサイトで、札幌を中心とした北海道のバスを車両ごとに紹介しています。
コンテンツも少ないですが、こちらもよろしくお願いします。
北の風に乗って別館~パレット号の部屋~
過去の車両在籍表などを公開しています。なお、現在は更新を休止しています。
●別館ブログ
The Winds of the North
不定期更新ですが、旅行先で見かけたバスや風景の写真を中心に公開しています。
●掲示板
北の風に乗って掲示板
情報共有の場としてお使いください。投稿お待ちしております!

今回のトップ画像
DSC_0636.png
復活、拓殖バス旧塗装―

当サイトご覧にあたっては
↓の続きを読むを押してください。閲覧される方は必ず目を通してください。

Read More »

スポンサーサイト



車両在籍表 - 2037.01.01 Thu

車両在籍表を公開しています。
なお、現在は更新を休止しているため、過去の情報となっています。

Read More »

2021.春 道内バス動向+α - 2021.04.29 Thu

今回は道内のバス動向と九州のバス動向を紹介していきます。
DSC_2146_R.jpg


●北海道中央バス
冬ダイヤ改正の時期に旭川営業所所属の芦旭線専属車が変わりました。
岩見沢営業所から札幌200か970が転属し、旭川200か1283に再登録されています。
なお、2021年10月に芦旭線の廃止が決定しているため、最後の専属車となりそうです。
・旭川200か1283(KK-RJ1JJHK)
DSC_1455_R.jpg

今シーズンも冬季対策車が活躍していました。
ここ1年ほど新車自体ほとんど入らず代替が進まなかったこともあってか、リーフサスの移籍車なども数台生き残って活躍していましたが、果たして来シーズンも見ることができるのでしょうか。
・札幌200か2632(KC-HT2MLCA/元東武バス)
DSC_2415_R.jpg
・札幌200か3382(KC-HU2MLCA/元横浜市交通局)
DSC_2313_R_2021042821414267e.jpg

●ジェイ・アール北海道バス
2021年3月31日をもって日高本線(鵡川~様似)の運行が終了し、2015年から約6年間運行してきた日高線列車代行バスの運行も終了となりました。
・531-4909/室蘭200か932(KL-LV280N1)
DSC_2377_R.jpg
車両自体は日高本線転換バスになってからも活躍していますが、列車代行バスとしての運行終了間近にはありがとうラッピングを纏っていました。
DSC_2381_R.jpg

●じょうてつ
久々にまとまった台数の新車が入りました。
仕様は去年の新車とほぼ変わっていないようで、今回もUVカットガラスが採用されています。
・札幌200か5486(2RG-LV290Q3)
DSC_2272_R.jpg

●宗谷バス
最近はPJ-MP系の移籍が中心となっています。
しかしほとんどが利尻・礼文の所属で、稚内市内線向けとしては現時点で2台のみの存在となっています。
・旭川230あ729(KL-MP37JK/元東急バス)
DSC_2746_R.jpg
また、利尻・礼文や枝幸を中心に長尺ワンステップ車も流れていますが、2019年にはKL-HU系も入りました。
・旭川230あ742(KL-HU2PREA/元東急バス)
DSC_2736_R.jpg
参考までに東急バス時代。ちなみに600番台の同型車は全車が道内に流れました。
DSC_0171_R.jpg

ツーステップ車の代替が落ち着き、稚内市内線向けの車両はKL-初期のノンステップ車が最古参となっています。
KL-HU系、KL-MP系ともに既に廃車が発生しています。
・旭川230あ639(KL-MP37JK/元東急バス)
この車両から東急バス時代の塗装のまま流れるようになりましたが、同時期に入った旭川230あ640は既に引退しています。
DSC_2741_R.jpg
・旭川230あ659(KL-HU2PMEE/元東急バス)
DSC_2777_R.jpg

●道北バス
去年道北バスに入った路線車は新車1台と移籍車数台のみでした。
・旭川200か1271(PA-MK27FM/元東急バス)
DSC_1810_R.jpg

今シーズンも冬季限定のスクールバス向けに再登録された車両が活躍していました。
道北バス最古参となる1991年式も含まれていましたが、来シーズンも再登録されるのかが気になるところです。
・旭川200か1281(U-UA440LSN/元西武バス)
DSC_1593_R_20210428214154e03.jpg

●北紋バス
北紋バスの路線車は全て自社発注車でしたが、2020年に移籍車が2台入りました。
最近の新車に採用されていたラッピングではなく、オリジナルのラッピングを纏っています。
・北見200か479(PJ-MP35JM/元神奈川中央交通)
DSC_2450_R.jpg

2019年に北紋バスが70周年を迎え、記念のおえかきバスが登場しました。
もともとの登録は北見200か220でしたが、オリンピック図柄ナンバーをつけて再登録されました。
・北見230い2019(PA-MK25FJ)
DSC_2469_R_202104282141508c4.jpg


●九州産交バス
2020年に名鉄バスからの移籍車が入りました。一部の車両は視野拡大窓が埋められています。
・熊本200か1677
DSC_2626_R.jpg

●熊本都市バス
熊本市交通局塗装の車両も台数を減らしています。
・熊本22か3011
DSC_2515_R.jpg
・熊本200か946
DSC_2522_R.jpg

熊本市交通局では、当時高価だった低床車両を積極的に導入していました。廃車も発生していますが、熊本都市バスに委譲された現在でも一部の車両が活躍しています。
1994年にはリフト付きの車両が導入されました。現在は教習車として活躍しています。
DSC_2634_R_202104282305375ed.jpg
そして1995年には超低床ワンステップバスが導入されました。
この車両は”HU2ML”という型式で、東京都交通局、大阪市交通局、熊本市交通局しか採用していなかった上、国内では関東自動車(宇都宮230あ451)と熊本都市バス(熊本22か3016)の2台しか生き残っていないため、非常に貴重な車両です。
熊本市交通局では熊本22か3015、3016の2台が導入されましたが、3015は2016年9月に解体されており、現在は3016が予備車扱いではあるものの現役で活躍しています。
DSC_2659_R.jpg

●南国交通
鹿児島市交通局の路線が委譲された関係で、ここ数年は非常に大きな動きがあり、移籍車を中心に新しい車両がまとまった台数入っています。
・鹿児島200か2146
神奈川中央交通からの移籍が中心ですが、2019年には相鉄バスからの移籍車も入りました。
DSC_2557_R_20210428225801ef3.jpg
2021年4月にも鹿児島市交通局の路線が委譲されており、それに合わせて車両が用意されました。
・鹿児島200か2290
DSC_2560_R.jpg
・鹿児島200か2293
DSC_2548_R.jpg
・鹿児島200か2304
PKG-世代も流れてくるようになりました。
これまでの移籍車はほとんどがワンステップ車でしたが、ノンステップ車も採用されるようになりました。
DSC_2577_R.jpg

新しい車両が一気に入りましたが、ツーステップ車もまだまだ活躍しています。
・鹿児島22き737
DSC_2608_R_20210428225746125.jpg

●鹿児島交通
鹿児島200か2000番台以降の車両をいくつか紹介していきます。
・鹿児島200か2025
2018年に西武バス系からの移籍車が入りましたが、移籍時点で既に20年落ちでした。
DSC_2597_R_20210428225743b4a.jpg
・鹿児島200か2033
同時期には東急バスから比較的新しいKL-JP系も流れてきました。
DSC_2602_R.jpg
・鹿児島200か2041
いすゞエルガはLV834系がほとんどでしたが、京成バスからLV280系も流れてきました。
DSC_2535_R.jpg
・鹿児島200か2119、2159
…と思いきやLV834系の導入も継続されており、こちらは元伊丹市交通局からの移籍車です。
DSC_2618_R.jpg
DSC_2570_R.jpg
・鹿児島200か2175
2020年には元京王バスのKL-JP系がまとまった台数流れてきました。
DSC_2542_R.jpg
・鹿児島200か2270、2271
最近入った車両です。東急バスではRA系も流れ始めていますが、鹿児島交通に流れたのはUA系でした。
DSC_2590_R.jpg
DSC_2622_R.jpg

数年前まではツーステップ車のほうが多かった印象ですが、現在は代替もかなり進んでいるようです。
・鹿児島22き717
U-HU系も鹿児島交通ではこの車両が最後の1台となったようです。
同型車は鹿児島交通だけでなく鹿児島市交通局、南国交通でも採用されていたため、鹿児島市内ではよく見かけていましたが、一気に台数が減りました。
DSC_2563_R.jpg
・鹿児島22き888
自社発注車は富士重工7Eがほとんどですが、西工58MCが採用された時期もありました。
DSC_2567_R.jpg
・鹿児島200か938
東京都交通局が車両の流通をほとんど行っていなかった時期に入った蓄圧式ハイブリッド車(MBECS)で、ほとんどがグループ間移籍しているため鹿児島交通本体にはわずかな台数しか残っていないようです。
DSC_2539_R.jpg

2021.冬 道内バス動向 - 2021.03.14 Sun

遅くなりましたが今年初の記事となります、2021年もよろしくお願い致します。
記録的な降雪や寒さが厳しかったこの冬に撮った車両を紹介していきます。
※試験的にサムネイルサイズを120pxから250pxにしています。
DSC_0635_R_20210314204548692.jpg

●北海道中央バス
一部車両のみですが、開閉可能な窓の最後部に通気口が設置されました。
中央バスではPJ-世代頃までベンチレーターが設置されていない車両が大半を占めており、そのような換気設備が不足している車両が対象のようです。
・札幌200か476(KL-HU1JJEA)
DSC_1418_R_20210314204603e0e.jpg
また、2020年秋ごろに札幌・小樽・空知の各エリアをまたぐ大規模な車両転属が発生しました。
その関係で岩見沢営業所には中堅レベルの車両が札幌事業部へ流れ、その代替として古参の移籍車が複数台流れてきました。
・札幌200か2961(KC-HU2MMCA/岩見沢←朝里)
もともと岩見沢営業所には同型の札幌200か2956が在籍していましたが、既に引退しています。
2011年春に入った京成バスからの移籍車も代替が進んで残り2台にまで減った中での転属となりました。
DSC_1426_R_202103142046050fd.jpg
・札幌200か3262(KC-HU2MMCA/岩見沢←千歳)
空知エリアでは見ることの出来なかった元名古屋市交通局の大型路線車ですが、現在では岩見沢営業所に2台が在籍しています。
DSC_1422_R_20210314204604690.jpg

●道南バス
・139/室蘭22う393(U-UA440NAN)
U-世代の自社発注車も代替が進んでいますが、非冷房車もまだ生き残っています。
DSC_1005_R_202103142045590ad.jpg
・197/室蘭200か378(U-MP218K)
まだU-初期の移籍車も生き残っています。
東京都交通局からの移籍車はこの車両が最後の1台となりました。
DSC_1328_R_20210314204600537.jpg
・805/室蘭200か1140(PJ-MP35JK)
昨年入った移籍車です。苫小牧ナンバーが交付される直前の登録だったため、室蘭ナンバーとなっています。
DSC_1440_R_20210314204606977.jpg
参考までに東急バス時代。
397_R_20210314204545e6d.jpg
・856/苫小牧200か6(KL-HU2PMEA)
以前も紹介しましたが、こちらも昨年入った名鉄バスからの移籍車です。
DSC_1441_R_20210314204608dfb.jpg

●沿岸バス
留萌と旭川を結ぶ56系統はトイレ付の高速車が使用されていますが、今年に入ってから代走で一般路線車が使用されるようになりました。
道北バスでは以前から一般路線車による代走はあったようですが、沿岸バスは今回が初となるようです。
・旭川230い503(PJ-MP35JK)
この車両は郊外線向けとして普段は増毛・羽幌方面の運用が中心のようです。
DSC_0699_R_20210314204557fe9.jpg

●北海道拓殖バス
今年に入ってからも車両の代替が進んでおり、最近では復刻塗装を纏った新車も入っています。
・C1107/帯広200か196(KC-UA460KAM)
フルフラットタイプのノンステップ車が活躍していましたが、残念ながら引退したようです。
この車両は拓殖バスの一般路線向けとしては初となるノンステップ車でした。
DSC_0692_R_20210314204555c6f.jpg
・C2113/帯広200か352(PJ-MP37JK)
去年春ごろに移籍してきた車両です。
DSC_0684_R_20210314204554b63.jpg
・C2117/帯広200か355、C2118/帯広200か356(PJ-MP37JK)
今年に入ってから稼働開始した車両で、塗り分けが若干変わりました。
また社名表記が”TAKUSYOKU BUS”から”Hokkaido Takusyoku Bus”なりました。
DSC_0650_R_20210314204550679.jpg
DSC_0681_R_20210314204551e7d.jpg

●栗山町
札幌市交通局からの委譲車両は最後の生き残りも2019年春に引退となりましたが、まだ元札幌市営バスは全滅していません。
日の丸タクシー(岡山県)では札幌市交通局にいた貸切車が活躍(記事はこちら)していますが、札幌からも近い栗山町にも札幌市交通局に在籍していた車両が活躍しています。
・札幌200は195(KK-RM252GAN)
もともとはサンプルカーとしてメーカーが所有しており、1999年に札幌都心循環バスの実験運行に合わせてメーカーから借り受けた車両です。ちなみにその後はじょうてつも借り受けており、石山六区方面への運用で使用されていたようです。
期間は非常に短かったものの、札幌市交通局に在籍していたことのある貴重な車両です。
DSC_1411_R_2021031420460122a.jpg

2020年の成果 - 2020.12.31 Thu

記事では紹介できなかった車両を中心に、2020年の成果を振り返っていきます。
DSC_8913_R.jpg


●道内での成果
☆北海道中央バスグループ
・北海道中央バス/札幌200か2202
KC-世代の自社発注中ロマ車も残念ながら全車運用離脱となりました。
DSC_6272_R_20201231171137d07.jpg
・北海道中央バス/札幌200か2621
春までは元横浜市交通局の1996年度車が活躍していました。
最後の生き残りだった札幌200か2621も復活することなく運用離脱となりました。
DSC_4816_R.jpg
・北海道中央バス/札幌200か2943
移籍車も代替が進んでいます。元神奈川中央交通のワンロマ車も残りわずかとなりました。
DSC_0589_R_2020123117113090b.jpg
・北海道中央バス/札幌200か3093
西岡にいた札幌200か3093ですが、白石を経て、現在は平岡に配属されています。
DSC_0598_R.jpg
・空知中央バス/札幌200か43
貸切登録ではありますが、未だに方向幕のままという貴重な車です。
DSC_8162_R.jpg
・空知中央バス/札幌200か47
まだ数台が残っているKC-世代の中型車、その中でもKC-MK系はラスト1台です。
DSC_7839_R.jpg
・ニセコバス/札幌200か5268
昨シーズンからニセコユナイテッドシャトル向けとしてKV290系が活躍しています。
DSC_6060_R_2020123117113546a.jpg

☆道央のバス事業者
・じょうてつ/札幌200か1503
KL-世代の車両も数を減らしています。このあたりの車両もそろそろ、なのでしょうか。
DSC_6066_R.jpg

☆道北のバス事業者
・旭川電気軌道/旭川22か541
1991年式の最古参車ですが、稼働率は低いものと思われます。
DSC_7195_R.jpg
・旭川電気軌道/旭川200か164
KL-HU2PPEEは2台導入され、既に1台は引退しています。
DSC_7299_R.jpg
・旭川電気軌道/旭川230あ6007
この車両はラッピングが変わり、現在は旭山動物園のラッピングを纏っています。
DSC_7177_R.jpg
・道北バス/旭川200か68
同世代の自社発注車は早いうちに全滅しているものの、この車両は旭川~名寄を中心に現在も活躍しています。
DSC_7091_R_20201231173252aab.jpg
・道北バス/旭川200か594
U-世代の車両も残りわずかとなりました。
DSC_5151_R.jpg
・道北バス/旭川200か657
移籍例が少なく、メトロ窓が特徴的な横浜市交通局1995年度車です。残念ながら今年引退しました。
DSC_5252_R.jpg
・道北バス/旭川200か660
旭川200か657と同時期に入った車両、こちらは2台入ったうち1台が活躍しています。
DSC_5170_R.jpg
・道北バス/旭川200か1248
遠鉄バスカラーのままに近い状態で活躍している個体で、今シーズンも再登録され活躍しています。
DSC_5067_R.jpg

☆道東のバス事業者
・くしろバス/釧路200う1
ラッピングを纏っていましたが、去年に解除されています。
DSC_0284_R_20201231174704e7e.jpg
・阿寒バス/釧路200か94
スクールバスで使用されているトップドア車です。
DSC_0335_R_20201231174706e13.jpg
・根室交通/釧路22あ786
自社発注最古参車で、比較的珍しいKC-MP系です。
DSC_8840_R.jpg
・根室交通/釧路22あ823
KC-MP系はこの車両が唯一の存在で、この世代まで長尺が採用されました。
DSC_8678_R.jpg

☆道南のバス事業者
・道南バス/167/室蘭200か734
スクールメインで活躍している元西武バスの車両です。
DSC_3385_R_202012311747085f5.jpg
・道南バス/181/室蘭200か276
同じくスクールメインで活躍している車両で、残り少ない方向幕車です。
DSC_3409_R.jpg
・道南バス/183/室蘭200か735
同じくスクールメインで活躍している元東武バスの車両で、道南バスでは珍しい前後扉車です。
DSC_3461_R.jpg
・道南バス/823/室蘭22う575
苫小牧市交通部カラーを纏っていましたが、最近になって塗装更新されました。
DSC_9090_R.jpg
・道南バス/828/室蘭22う404
苫小牧市交通部委譲車では最古参となる車両で、苫小牧市交通部カラーかつラッピングを纏っていない車両も残り少なくなりました。
DSC_6238_R.jpg
・函館バス/S4413/函館200か254
KL-世代の自社発注車も代替が進んでいる中、まだ活躍している車両です。
DSC_6647_R.jpg


●本州での成果
去年のような頻度で訪れることは出来ませんでしたが、何度か訪問しました。
今年初の本州は冬の岩手でした。
・岩手県交通/岩手200か1767
いすゞがメインですが、少数ながら日野も在籍しています。KC-HT/HU系は現在2台が活躍しています。
DSC_4110_R_20201231180927279.jpg
・岩手県交通/岩手200か1831
西武バスからの移籍車も数台在籍していますが、KC-UA系はこれが唯一の存在です。
DSC_4063_R.jpg

なかなか本州を訪れることができない状況が続いていましたが、夏になって再度東北へ。
青森から福島県の南側まで訪れました。
・弘南バス/50702-9/青森22か1043
トップドア車も数を減らしている…と言いたいところですが、未だに移籍車も流れています。
ただ自社発注車については毎年新車も入っているので数は減らしているようです。
DSC_6301_R.jpg
・仙台市交通局/仙台230あ6771
ツーステップ車を見かける機会も少しずつ減っています。
DSC_6314_R.jpg
・仙台市交通局/仙台230あ60
KC-世代の中でも比較的新しい車両は図柄入りナンバープレートになっています。
DSC_6594_R.jpg
・宮城交通/宮城200か782
代替が進み、この世代も古参車となっています。
DSC_6602_R.jpg
・宮城交通/宮城200か906
導入台数が少なかった西工96MCも見ることができました。
DSC_6400_R.jpg
・宮城交通/宮城200か2053
以前はよく見かけていたイメージがありますが、現在はKC-世代の移籍車はかなり数を減らしています。
DSC_6381_R_2020123118091673e.jpg
・福島交通/郡山210あ7091
東京都交通局カラーのまま稼働している車両を見ることもできました。
DSC_6500_R.jpg
・JRバス関東/L527-03502/福島200か561
白河支店の車両は長尺車がメインで、この車両は白棚線60周年のラッピングを纏っています。
DSC_6509_R.jpg

天気が悪かったため予定通りとはいきませんでしたが、九州方面へも訪れました。
・サンデン交通/下関230あ5126
旧塗装を纏った車両も少なくなり、ラッピングを纏っていない車両は撮ることができませんでした。
DSC_7671_R.jpg
・サンデン交通/下関230あ5145
東急バス時代から台数が少なかったMP317系、じょうてつにいた車両は今年引退したため、この車両が最後の生き残りとなります。
DSC_7650_R.jpg
・西肥自動車/H198/佐世保22か1138
U-世代の車両もまとまった台数が活躍しています。
DSC_7476_R_2020123118341345c.jpg
・西肥自動車/F541/佐世保200か290
自社発注のエアロスターMは全滅しましたが、移籍車はまだ活躍しています。
DSC_7595_R.jpg
・西肥自動車/H249/佐世保200か348
個人的な話ですが、横浜市交通局の1996年度KC-HU2MLCAを全車撮影するという目標を持って旅に出ていました。
西肥自動車では4台が活躍しており、4度目にしてやっと全車撮影することができました。
DSC_7588_R.jpg

秋には6年ぶりに四国を満喫しました。
・奈良交通/奈良22き661
KC-世代の車両も数を減らしており、奈良22ナンバーの車両を見かける機会も減りました。
DSC_9242_R_20201231183417bd7.jpg
・とさでん交通/高知22き403
全体的に大型車が少ないものの、UA440系はまだまとまった台数が活躍しているようです。
DSC_9445_R.jpg
・とさでん交通/高知22き475
高知県交通がとさでん交通へ事業統合してからは初となる高知訪問でした。
DSC_9462_R.jpg
・瀬戸内運輸/愛媛200か29
しまなみ海道方面へ向かったため乗り換えのために今治も訪れました。この世代は古参の部類となっているようです。
DSC_9408_R.jpg
・伊予鉄バス/愛媛22か2003
古参ではありますが、新塗装を纏っています。
DSC_9347_R.jpg
・伊予鉄バス/愛媛22か2140
こちらはKC-世代の車両、大型車は路線固定のようです。
DSC_9334_R.jpg
・本四バス開発/福山22く1187
しまなみ海道を通り、生口島を訪ねました。
生口島の車両は比較的古い車が多く活躍しており、この車両は生口島内・因島方面への路線で使用されています。
DSC_9388_R.jpg
・下津井電鉄/N328/岡山22か3575
本州へ戻り、児島では古参となるUA440系の自社発注車も見ることができました。
DSC_9494_R.jpg
・岡電バス/933/岡山22か3657
西工58MCがまだまだ活躍しています。しかし現在残っている車両のほとんどは現行塗装を纏っています。
DSC_9518_R.jpg
・岡電バス/9711/岡山22か3996
両備バスが導入した車両はKC-世代が古参となっています。現在は岡電バスに所属しているようです。
DSC_9540_R.jpg


今年は比較的バスを撮る機会が少ない1年となってしまいました。
ブログについては別館ブログの更新を再開し、来年は少なくとも月1回以上はどちらかのブログで更新することを目標にしていきたいと思います。
暗い話題が多い2020年でしたが、2021年はどのような1年となるのでしょうか。
また、今年もバス事業者の方をはじめ、多くの方々にお世話になりました。この場を借りて心から御礼申し上げます。
そして、今年も北の風に乗ってをご覧いただきありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。
DSC_6358_R_202012311838202e0.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

OTBのプロフィール

Author:OTB
北海道札幌市で20年以上を過ごし、現在は北海道某市に住んでいるバスファンです。
カメラを持って旅に出るのが好きで、47都道府県でバスの撮影や乗車を行っています。
ちなみにバスの登録番号で言うと札幌22か2400番台と同じ世代です。

北の大地から風のように颯爽と走り去る、引退して風のように吹き去っていく、そんなバスや鉄道に乗って紹介していきたいと思い、”北の風に乗って”と名付けました。

plugin by F.B

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter@s22k1845

QRコード

QR

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1018位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
234位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる