FC2ブログ
topimage

2020-09

2020.春 道内バス動向② - 2020.05.30 Sat

今回も最近の道内バス動向について紹介していきます。
DSC_6210_R.jpg


●北海道中央バスグループ
・札幌200か694(KL-LT233J2/岩内相生←朝里)
2020年4月から岩内地区の路線が一般路線車での運行に変更となりました。
その関係で色内営業所朝里車庫から真栄営業所岩内相生車庫へ転属が発生しています。
DSC_6185_R.jpg
これまでは古参の高速車が入っており、最近はMS9系での運用でした。10年程度使用した車両が転属し、中には導入台数が少ない型式の車両も存在していました。
DSC_6048_R.jpg
・札幌200か2202(KC-LV280Q/千歳)
KC-世代の中ロマ車も数を減らし、自社発注車はこの車両と滝川営業所所属の札幌200か1030のみとなりました。
DSC_6271_R.jpg
・札幌200か2850(KC-MP717M/余市)
神奈川中央交通から移籍してきたワンロマ車は、札幌200か2952など元事業者時代から珍しかった車を含め大半は引退しています。
この車両も最近は稼働率が低い印象があるのでそろそろ危ないのではないでしょうか。
DSC_6205_R.jpg
・札幌200か2928(PDG-KR234J2/大曲←白石)
少し前のことですが北広島市内線で路線改編があり、その頃に大曲営業所に転属してきました。
日野中型車は数多く存在していますが、その中でもKR系は中央バス本体では唯一の存在です。
DSC_6109_R.jpg
・札幌200か5268(2TG-KV290Q3/ニセコバス本社)
ニセコバスの大型路線車としては27年ぶりとなる新車が入りました。2019年冬から稼働開始し、主に夏季は本社営業所管内の一般路線、冬季はニセコユナイテッドシャトルで使用されています。
中央バス本体の同型車と同じ仕様で、シートモケットも中央バス本体では2019年春の新車まで採用されていたものです。
DSC_6060_R.jpg
・札幌200か5388(2TG-LV290Q3/新川)
2020年春の新車(いすゞ)です。
DSC_6105_R.jpg
・札幌200か5398(2TG-KV290Q3/大曲)
2020年春の新車(日野)です。
DSC_6112_R.jpg

●じょうてつ
ここ1年の間に入った車両を紹介していきます。
・札幌200か5214(PJ-LV234L1)
去年西武バスから移籍してきた車両で、短尺・中扉4枚折戸というPJ-世代にしては比較的珍しい仕様の車両です。
DSC_6082_R.jpg
・札幌200か5254(PJ-MP35JM)
以前も紹介しましたが、じょうてつでは初となる神奈川中央交通から移籍してきた車両です。
DSC_6064_R.jpg
・札幌200か5325(PJ-KV234Q1)
京成バスから移籍してきた長尺車です。じょうてつではPJ-から中扉引戸が採用されましたがこちらは中扉4枚折戸で、じょうてつのKL-自社発注車のような仕様となっています。
DSC_6076_R.jpg
・札幌200か5359(2PG-LV290Q3)
最近は移籍車が多かったじょうてつですが、2020年春に日野・ふそう・いすゞ各1台ずつの新車が入りました。
今回の新車からUVカットガラスが採用されています。
DSC_6258_R.jpg

●千歳相互観光バス
・札幌200か5283(PKG-LV234L2)
定期的に西武バスからの移籍車が流れていますが、PKG-世代も入るようになりました。
DSC_6279_R.jpg

●道北バス
・旭川200か1230(PK-HR7JPAE)
以前も紹介しましたが、PK-HR系も流れています。最近は中型ロング車の移籍がメインのようです。
DSC_6246_R.jpg
・旭川230あ305(2KG-KR290J4)
路線車は2018年から1台ずつ新車が入っていますが、今年は中型車が採用されました。
中型車の導入自体久しぶりのこととなります。旭川市内だけでなく、旭川市外へ向かう路線でも使用されています。
DSC_6250_R.jpg
スポンサーサイト



2020.春 道内バス動向① - 2020.03.31 Tue

久しぶりの更新となります。遅くなりましたが、2020年もよろしくお願い致します。
今回は主に道内のバス動向を紹介していきたいと思います。
DSC_5852_R.jpg


●北海道中央バス
☆最近の新車
2020年4月の夏ダイヤ改正に合わせて路線車、高速車ともに新車が導入され、一部は既に稼働しています。
路線車については日野・いすゞ合わせて22台が入りました。2019年12月の冬ダイヤ改正に合わせて導入された前回の新車と同じ仕様かと思われます。
・札幌200か5393(平岡/2TG-KV290Q3)
DSC_6015_R_20200331231913df5.jpg

☆古参車
新車が入ったことで古参車、主に移籍車の代替が進むかと思われます。
既に代替された可能性もありますが、3月に入ってからも稼働していた車両を紹介します。
・札幌200か2280
2008年11月から移籍車の大量導入(2003年と2006年にも少数ではあるものの導入されていました)が始まり、2014年7月までの間に220台が入りました。
その中で一番最初に入ったのが札幌200か2280でした。また2008年度に中央バスに入った移籍車の中では最後の生き残りでもあります。
DSC_5909_R_202003312319076aa.jpg
・札幌200か2621
まとまった台数が移籍した横浜市交通局のKC-HU2MLCAですが、現在では平岡の2台(1996年度車)と新川の1台(1999年度車)のみとなってしまいました。
DSC_4817_R.jpg
・札幌200か2716
4メーカーすべて移籍してきた川崎市交通局からの移籍車はふそう・いすゞが既に全滅しています。
DSC_5965_R.jpg
・札幌200か2841
立川バスからの移籍車についてもツーステップ車は大半が引退しています。
DSC_5959_R.jpg
・札幌200か2954
大曲と石狩に配属された山陽バスからの移籍車もそろそろ、でしょうか。
DSC_5955_R.jpg

●じょうてつ
定期的に移籍車が導入されています。ちなみに今年に入ってから久しぶりに新車も導入されています。
・札幌200か5321
ついにPKG-の移籍車も入りました。じょうてつ初のAP35系でもあります。
DSC_3318_R.jpg
・札幌200か5338
13年ぶりに新京成グループからの移籍車も入りました。
DSC_3335_R.jpg

●道北バス
☆最近の移籍車
・旭川200か555
最近は東急バスからの中型ロング車が複数台移籍しています。
DSC_5490_R.jpg

☆再登録車
毎年冬季スクール用の車両が再登録されています。
台数が減ってきた若干アレンジされているものの元事業者カラーのまま活躍している車両を紹介します。
・旭川200か1244
DSC_5423_R_202003312319038c0.jpg
・旭川200か1248
DSC_5064_R.jpg
・旭川200か1253
DSC_5375_R.jpg

●岩手県交通
☆ここ数年の移籍車
国際興業バスからの移籍車が大半を占めていますが、最近は様々な事業者からの移籍車が入っています。
・盛岡200か226
国際興業バスからの移籍車も最近はPJ-がメインになっています。
DSC_4078_R.jpg
・盛岡200か233
最近は京急バスからの移籍車もまとまった台数が入っています。
DSC_4048_R.jpg
・盛岡200か273
メーカーも問わず入っているので、ふそうも見る機会が増えました。
DSC_4097_R.jpg
・盛岡200か351
最近は東武バスからの移籍車も入っています。
東武バスはKL-KV系も導入していましたが、岩手県交通に流れているのはKL-LV系のようです。
DSC_4105_R.jpg

☆古参の移籍車
・岩手200か1659
東日本大震災の支援で入った車両もまだ一部が活躍しています。
DSC_4089_R.jpg
・岩手200か1781
尼崎市交通局からの移籍車はこの1台のみでした。
DSC_4082_R.jpg
・岩手200か1831
西武バスからの大型ツーステップ車も1台のみの移籍でした。
DSC_4062_R.jpg

【ありがとう平成】平成のバス動向 - 2019.04.30 Tue

平成もまもなく終わり…ということで今回は”平成”の新車を中心に札幌近郊のバス動向を振り返ってみたいと思います。
1678.jpg
DSC_3857_R.jpg


・平成元年(1989年)
札幌市交通局が導入した平成元年の路線新車は日産ディーゼル、いすゞでした。
2005_0930画像0123

・平成2年(1990年)
この年の新車からU-規制車となりました。
真っ先に導入したのは札幌市交通局でした。
2670.jpg

・平成3年(1991年)
中央バスでは試験的に中扉4枚折戸の車両が各メーカーで1台ずつ採用されました。
082_R_201904302212368ed.jpg

・平成4年(1992年)
中央バス創立50周年記念として、この年から車体の塗装デザインが変わりました。
035_R_20190430221235946.jpg

・平成5年(1993年)
北海道旅客鉄道ではふそうの導入がほとんどなかったものの、この年から採用されるようになりました。
093_R_20190430221236cb4.jpg

・平成6年(1994年)
札幌市交通局ではこの年から車体の塗装デザインが変わりました。
現在でも1台が交通資料館(休館中)に保存されています。
079_R_20190430221235477.jpg
札幌市営地下鉄東豊線が福住まで延伸となり、中央バスでは路線改編に合わせて札幌市東部の営業所を中心に新車が大量に導入されました。
138_R_20190430221237b25.jpg

・平成7年(1995年)
当時はまだ全国的に珍しかったワンステップバスですが、中央バスでは試験的に2台が導入されました。
047_R_201904302212351a6.jpg

・平成8年(1996年)
札幌市交通局では50台というまとまった数の新車が入りました。
これだけ大量の新車が導入されたのはこの年が最後になりました。
DSC_9136_R.jpg
中央バスではこれまで長尺車が採用されていましたが、大型ショート車が採用されるようになりました。
DSC_4031_R.jpg

・平成9年(1997年)
じょうてつは前後扉車を採用していましたが、新車ではこの年が最後の導入となりました。
DSC_0065_R_201904302212324b4.jpg

・平成10年(1998年)
札幌市交通局では初のノンステップバスが導入されました。
北海道内におけるノンステップバスの導入は旭川電気軌道に次いで2例目でした。
2006_0422画像0134

・平成11年(1999年)
中央バスでもノンステップバスが採用されました。
DSC_0667_R_20190430221548cdc.jpg

・平成12年(2000年)
この年、北海道旅客鉄道から分社され、ジェイ・アール北海道バスが誕生しました。
台数は少なかったものの、分社後初の新車も入りました。
DSC_4999_R_201904302216140a0.jpg

・平成13年(2001年)
札幌市交通局最後の新車が入りました。最後はふそうエアロスターのCNG車4台で、琴似営業所に配属されました。
055_R_2019043022123528e.jpg

・平成14年(2002年)
富士重工車体もこの年が最後でした。
DSC_9426_R.jpg

・平成15年(2003年)
中央バスでは札幌市内の営業所にも中型車をまとまった台数導入するようになりました。
輸送力の問題なのか、ほとんどが数年後には札幌を離れて空知地区で活躍しています。
1813_201904302212328c2.jpg

・平成16年(2004年)
この頃、じょうてつでは4メーカーの新車が数台ずつ導入され、川沿営業所・藻岩営業所それぞれに配属されました。
DSC_7150_R.jpg

・平成17年(2005年)
中央バスでは久々となる中ロマ車が入り、4台すべてが石狩営業所に配属されました。
DSC_3557_R.jpg

・平成18年(2006年)
日野ブルーリボンⅡを採用したのはジェイ・アール北海道バスでした。
IMG_0662.jpg

・平成19年(2007年)
中央バスは大型ショート車の導入が中心でしたが、この年からは大型標準尺車が本格的に導入されるようになりました。
DSC_2916_R.jpg

・平成20年(2008年)
北海道洞爺湖サミット開催に合わせて各社ハイブリッド車が導入されました。
特に中央バスでは洞爺湖が描かれた車体デザインが採用され、ジェイ・アール北海道バスでも側面のみラッピングを纏っていました。
1978.jpg

・平成21年(2009年)
中央バスではMP35系だけではなくAP35系も導入されました。
DSC_9431_R.jpg
中央バスでは本格的に移籍車が導入されるようになりました。
2014年までの約5年間で200台以上が入りました。
DSC_9073_R.jpg

・平成22年(2010年)
中央バスではこの年まで洞爺湖サミットカラーのハイブリッド車が導入されました。
DSC_9305_R.jpg
この年、中央バスの旧塗装車が全滅(省エネ教習車を除く)となりました。
126_R_20190430221236e85.jpg

・平成23年(2011年)
中央バスではふそうエアロスターがAT車の設定のみとなってから初の新車が試験的に導入されました。
002_R_20190430221233913.jpg

・平成24年(2012年)
じょうてつでは2004年から導入がストップしていたふそうの新車導入が再開されました。
DSC_0379_R.jpg

・平成25年(2013年)
ジェイ・アール北海道バスではKL-~PKG-規制世代の導入台数が少なかったですが、ツーステップ車や移籍車等の置き換えのため、この頃から毎年まとまった台数の新車が入るようになりました。
DSC_3870_R.jpg

・平成26年(2014年)
中央バスでは9年ぶりに中ロマ車が入り、久々の長尺車となりました。
DSC_4747_R.jpg

・平成27年(2015年)
じょうてつでは長尺車を採用していましたが、この年から標準尺車が採用されるようになりました。
DSC_0797_R_20190430221548b93.jpg

・平成28年(2016年)
道内初となる新型エルガ/ブルーリボン(LV290/KV290系)は中央バスでした。
DSC_4733_R.jpg

・平成29年(2017年)
じょうてつでは久々となる自社発注ノンステップ車が入りました。
DSC_3843_R.jpg

・平成30年(2018年)
中央バスでは代替が進み、新型エルガ/ブルーリボンの台数も200台近くにまで増えました。
DSC_3835_R.jpg

・平成31年(2019年)
中央バスではAMTの新車が入るようになりました。
DSC_3166_R_20190430221602e33.jpg


平成最後の年となる今年、中央バス本体所属の方向幕車(一般路線車)や最後の生き残りだった札幌市交通局委譲車が令和の時代を迎えることなく全滅となりました―
DSC_1673_R.jpg
DSC_2184_R_20190430221554f39.jpg

2019.春 道内バス動向②+α - 2019.04.26 Fri

今回は道内と九州の最近の動向を紹介します。


●北海道中央バス
・札幌200か1923(PJ-KV234N1/新川→千歳)
屯田線の一部便が新川担当になった2007年冬ダイヤ改正時から新川営業所に在籍していましたが、今回千歳営業所へ転属しました。
DSC_4958_R.jpg
・札幌200か5188(2TG-KV290Q2/平岡)
今回の新車からAMT車が採用されています。
前回の記事ではいすゞを紹介しましたが、日野も既に稼働開始しています。
DSC_4956_R.jpg
・札幌200か5208(2TG-MS06GP/月寒)
2019年4月に発売されたばかりの新顔エアロエースですが、中央バスにも入りました。
中央バスではMS0系の導入自体、これが初となります。
DSC_4966_R.jpg

●空知中央バス
・札幌200か5066(U-MS826P/岩見沢)
中央バスグループでも残り少ないU-ですが、去年になって札幌ナンバーへ再登録されています。
ドリームカラーも見る機会が減りましたね。
DSC_4435_R.jpg
・旭川200か22(KC-HU3KPCA/深川)
深川営業所では格納状態の旭川200か22が貸切車として登録されました。
運賃箱等は既に撤去されているようです。
DSC_3954_R.jpg

●じょうてつ
・札幌200か2316(KC-MP217K/藻岩)
残り少なくなったエアロスターM、去年一気に代替が進んだため、この姿を見れるのもあとわずかなのでしょうか。
DSC_4950_R.jpg
・札幌200か5131(PJ-MP35JM改/川沿)
じょうてつでは存在していなかったPJ-MP系の長尺車も流れてきています。
DSC_3812_R.jpg

●道北バス
・旭川200か1230(PK-HR7JPAE/元西東京バス)
最近KL-HR系がまとまった台数移籍していますが、PK-HR系も入りました。
DSC_3850_R.jpg

●長崎県営バス
・6S52/長崎200か1266(KL-LV280N1/元神奈川中央交通)
これまで移籍例のなかった神奈川中央交通からの移籍車が入りました。
DSC_4657_R.jpg

●九州産交
・熊本200か1585(2KG-KV290N2)
最近はあまり新車が入っていませんでしたが、去年からまとまった台数の新車が入っています。
今年も複数台入っており、この車両も今年の新車です。
DSC_4732_R.jpg
・熊本200か1591(PJ-LV234L1/元西武バス)
PJ-の移籍車も入りました。
DSC_4903_R_20190426211849149.jpg

●鹿児島交通
・鹿児島200か2027(KC-MP747K/元阪急バス)
阪急バスからの移籍車は以前から入っていましたが、最近ノンステップ車も複数台入りました。
DSC_4882_R.jpg
・鹿児島200か2038(KC-LV380L/元山陽バス)
製造から20年以上経っている車両ですが、今年になって鹿児島交通へ移籍を果たしました。
乗合登録の車両としては全国的に珍しい観光マスクの車両です。
DSC_4885_R.jpg

2019.冬 道内バス動向② - 2019.03.13 Wed

北海道でも一気に暖かくなり、もう春が近づいています。
今年で札幌市営バス移譲から15年目を迎えます。しかし、春を迎える前に最後の生き残りが引退し、これにより札幌市交通局委譲車が全滅となりました。
最後まで生き残ったのは”ふ97-17”でした、22年間お疲れ様でした。
・524-7919/札幌22か3048(KC-MP717P改)
DSC_2184_R.jpg
たくさんの思い出をありがとうございました―
DSC_2122_R.jpg


今回も道内のバス動向を中心に紹介していきます。
●北海道中央バス
・札幌22か2664(U-HU3KPAA)
前回の記事でも紹介しましたが、千歳営業所へ転属し、千歳営業所管内の路線にて運用に就いています。
中央バスの路線車では最後のU-となる車両ですが、活躍している姿を見ることができました。
DSC_2111_R.jpg
・札幌200か2373(KC-UA460LSN/元京急バス)
2009年春から白石営業所で活躍した後、運用から外れて長い間格納されていましたが、2019年2月頃から平岡営業所管内の路線で再び活躍しています。
DSC_2357_R.jpg

●ニセコバス
・札幌200か2072(ADG-HX6JLAE)
千歳市コミュニティバス2代目専属車として活躍していましたが、2016年秋の千歳市内路線改編以降は運用から外れていました。
その後、岩内町コミュニティバス”ノッタライン”の予備車としてニセコバスへ移籍を果たしました。
移籍時に中央バス塗装を纏うようになりました。なお、一部機器類は中央バス時代のままのものが使用されています。
DSC_1760_R_2019031321144596f.jpg

●旭川電気軌道
昨年から移籍車がまとまった台数導入されています。
・旭川230あ6004(KL-LV280N1/元神奈川中央交通)
いすゞ自体珍しいですが、KL-LV系は旭川電気軌道唯一の存在です。
DSC_2068_R.jpg
・旭川230あ6008(KL-MP35JM/元神奈川中央交通)
DSC_2080_R.jpg

●道北バス
・旭川200か1198(KL-UA452KAN/元東急バス)
今年度も複数の事業者から移籍車が流れています。
この車両のように、これまで移籍例のなかった事業者からの車両も存在しています。
DSC_2084_R.jpg
・旭川200か1212(U-HT2MMAA/元遠鉄バス)
毎年冬季のスクールバス用に古参車が再登録されていますが、今年は一部車両が一般路線の運用にも入っています。
名寄方面など中距離路線でも見ることができます。
DSC_2056_R.jpg
・旭川200か1226(KL-HR1JNEE/元東武バス)
今年度は中型ロング車の移籍が中心となっています。
DSC_2065_R_201903132114482cb.jpg

●阿寒バス
・釧路200か537(KL-RA552RBN/元西武バス)
道北バス…ではなく阿寒バスの車両で、釧路ナンバーに再登録されています。
車両不足なのか、道北バスから貸出されているようです。
3月に道北バスの旭川200か1166が阿寒バスへ移籍しているため、この車両は既に返却されているものと思われます。
DSC_2092_R.jpg

●白老観光
白老町の貸切バス事業者ですが、路線バスタイプの車両等も移籍しています。
・室蘭200か865(U-HU2MPAA/元旭川電気軌道)
もともとは旭川空港連絡バス用で活躍していた車両で、2014年に旭川電気軌道から白老観光へ移籍を果たしています。
なお、古参車のため稼働率は低いようです。
DSC_2898_R.jpg
・室蘭200か1004(PK-JP360NAN/元京急バス)
本州から路線バスタイプの車両も流れています。2016年頃に入って以来、白一色のカラーで活躍しています。
DSC_3011_R.jpg
・室蘭200か1071(PKG-MP35UP/元東濃鉄道)
最近の移籍車で、PKG-と比較的新しい車両です。
DSC_2951_R.jpg
・室蘭200か1087(ADG-RA273TAN/元江ノ電バス)
ハイデッカータイプの96MCも入りました。全国的に見ても珍しい車両ではないでしょうか。
DSC_3076_R.jpg

●中田商会
室蘭市近辺の特定輸送を中心に行っている事業者ですが、個性的な車両が数多く在籍しています。
・室蘭200か320(KL-HU2PREA)
KL-HU系の前中扉仕様のツーステップ車は全国的に見ても珍しい存在です。
第一滝本館などの方向幕も入っています。
DSC_2694_R.jpg
・室蘭200か653(KC-HT2MLCA/元東武バス)
元事業者塗装のまま活躍していますが、古参車のため稼働率は低いようです。
なお、座席配置も元事業者時代のまま残っているため、中扉以降は三方シートとなっています。
DSC_2556_R.jpg
・室蘭200か993(QRG-KV290Q1)
年式的には最新となる車両です。LV/KV290系の導入は道内でも比較的早く、KV290系のAMT仕様はこの車両が道内初導入でした。
.DSC_2788_R.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

OTBのプロフィール

Author:OTB
北海道札幌市で20年以上を過ごし、現在は北海道某市に住んでいるバスファンです。
カメラを持って旅に出るのが好きで、47都道府県でバスの撮影や乗車を行っています。
ちなみにバスの登録番号で言うと札幌22か2400番台と同じ世代です。

北の大地から風のように颯爽と走り去る、引退して風のように吹き去っていく、そんなバスや鉄道に乗って紹介していきたいと思い、”北の風に乗って”と名付けました。

plugin by F.B

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter@s22k1845

QRコード

QR

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
277位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる