FC2ブログ
topimage

2019-08

2019.春 道内バス動向②+α - 2019.04.26 Fri

今回は道内と九州の最近の動向を紹介します。


●北海道中央バス
・札幌200か1923(PJ-KV234N1/新川→千歳)
屯田線の一部便が新川担当になった2007年冬ダイヤ改正時から新川営業所に在籍していましたが、今回千歳営業所へ転属しました。
DSC_4958_R.jpg
・札幌200か5188(2TG-KV290Q2/平岡)
今回の新車からAMT車が採用されています。
前回の記事ではいすゞを紹介しましたが、日野も既に稼働開始しています。
DSC_4956_R.jpg
・札幌200か5208(2TG-MS06GP/月寒)
2019年4月に発売されたばかりの新顔エアロエースですが、中央バスにも入りました。
中央バスではMS0系の導入自体、これが初となります。
DSC_4966_R.jpg

●空知中央バス
・札幌200か5066(U-MS826P/岩見沢)
中央バスグループでも残り少ないU-ですが、去年になって札幌ナンバーへ再登録されています。
ドリームカラーも見る機会が減りましたね。
DSC_4435_R.jpg
・旭川200か22(KC-HU3KPCA/深川)
深川営業所では格納状態の旭川200か22が貸切車として登録されました。
運賃箱等は既に撤去されているようです。
DSC_3954_R.jpg

●じょうてつ
・札幌200か2316(KC-MP217K/藻岩)
残り少なくなったエアロスターM、去年一気に代替が進んだため、この姿を見れるのもあとわずかなのでしょうか。
DSC_4950_R.jpg
・札幌200か5131(PJ-MP35JM改/川沿)
じょうてつでは存在していなかったPJ-MP系の長尺車も流れてきています。
DSC_3812_R.jpg

●道北バス
・旭川200か1230(PK-HR7JPAE/元西東京バス)
最近KL-HR系がまとまった台数移籍していますが、PK-HR系も入りました。
DSC_3850_R.jpg

●長崎県営バス
・6S52/長崎200か1266(KL-LV280N1/元神奈川中央交通)
これまで移籍例のなかった神奈川中央交通からの移籍車が入りました。
DSC_4657_R.jpg

●九州産交
・熊本200か1585(2KG-KV290N2)
最近はあまり新車が入っていませんでしたが、去年からまとまった台数の新車が入っています。
今年も複数台入っており、この車両も今年の新車です。
DSC_4732_R.jpg
・熊本200か1591(PJ-LV234L1/元西武バス)
PJ-の移籍車も入りました。
DSC_4903_R_20190426211849149.jpg

●鹿児島交通
・鹿児島200か2027(KC-MP747K/元阪急バス)
阪急バスからの移籍車は以前から入っていましたが、最近ノンステップ車も複数台入りました。
DSC_4882_R.jpg
・鹿児島200か2038(KC-LV380L/元山陽バス)
製造から20年以上経っている車両ですが、今年になって鹿児島交通へ移籍を果たしました。
乗合登録の車両としては全国的に珍しい観光マスクの車両です。
DSC_4885_R.jpg
スポンサーサイト

2019.冬 道内バス動向② - 2019.03.13 Wed

北海道でも一気に暖かくなり、もう春が近づいています。
今年で札幌市営バス移譲から15年目を迎えます。しかし、春を迎える前に最後の生き残りが引退し、これにより札幌市交通局委譲車が全滅となりました。
最後まで生き残ったのは”ふ97-17”でした、22年間お疲れ様でした。
・524-7919/札幌22か3048(KC-MP717P改)
DSC_2184_R.jpg
たくさんの思い出をありがとうございました―
DSC_2122_R.jpg


今回も道内のバス動向を中心に紹介していきます。
●北海道中央バス
・札幌22か2664(U-HU3KPAA)
前回の記事でも紹介しましたが、千歳営業所へ転属し、千歳営業所管内の路線にて運用に就いています。
中央バスの路線車では最後のU-となる車両ですが、活躍している姿を見ることができました。
DSC_2111_R.jpg
・札幌200か2373(KC-UA460LSN/元京急バス)
2009年春から白石営業所で活躍した後、運用から外れて長い間格納されていましたが、2019年2月頃から平岡営業所管内の路線で再び活躍しています。
DSC_2357_R.jpg

●ニセコバス
・札幌200か2072(ADG-HX6JLAE)
千歳市コミュニティバス2代目専属車として活躍していましたが、2016年秋の千歳市内路線改編以降は運用から外れていました。
その後、岩内町コミュニティバス”ノッタライン”の予備車としてニセコバスへ移籍を果たしました。
移籍時に中央バス塗装を纏うようになりました。なお、一部機器類は中央バス時代のままのものが使用されています。
DSC_1760_R_2019031321144596f.jpg

●旭川電気軌道
昨年から移籍車がまとまった台数導入されています。
・旭川230あ6004(KL-LV280N1/元神奈川中央交通)
いすゞ自体珍しいですが、KL-LV系は旭川電気軌道唯一の存在です。
DSC_2068_R.jpg
・旭川230あ6008(KL-MP35JM/元神奈川中央交通)
DSC_2080_R.jpg

●道北バス
・旭川200か1198(KL-UA452KAN/元東急バス)
今年度も複数の事業者から移籍車が流れています。
この車両のように、これまで移籍例のなかった事業者からの車両も存在しています。
DSC_2084_R.jpg
・旭川200か1212(U-HT2MMAA/元遠鉄バス)
毎年冬季のスクールバス用に古参車が再登録されていますが、今年は一部車両が一般路線の運用にも入っています。
名寄方面など中距離路線でも見ることができます。
DSC_2056_R.jpg
・旭川200か1226(KL-HR1JNEE/元東武バス)
今年度は中型ロング車の移籍が中心となっています。
DSC_2065_R_201903132114482cb.jpg

●阿寒バス
・釧路200か537(KL-RA552RBN/元西武バス)
道北バス…ではなく阿寒バスの車両で、釧路ナンバーに再登録されています。
車両不足なのか、道北バスから貸出されているようです。
3月に道北バスの旭川200か1166が阿寒バスへ移籍しているため、この車両は既に返却されているものと思われます。
DSC_2092_R.jpg

●白老観光
白老町の貸切バス事業者ですが、路線バスタイプの車両等も移籍しています。
・室蘭200か865(U-HU2MPAA/元旭川電気軌道)
もともとは旭川空港連絡バス用で活躍していた車両で、2014年に旭川電気軌道から白老観光へ移籍を果たしています。
なお、古参車のため稼働率は低いようです。
DSC_2898_R.jpg
・室蘭200か1004(PK-JP360NAN/元京急バス)
本州から路線バスタイプの車両も流れています。2016年頃に入って以来、白一色のカラーで活躍しています。
DSC_3011_R.jpg
・室蘭200か1071(PKG-MP35UP/元東濃鉄道)
最近の移籍車で、PKG-と比較的新しい車両です。
DSC_2951_R.jpg
・室蘭200か1087(ADG-RA273TAN/元江ノ電バス)
ハイデッカータイプの96MCも入りました。全国的に見ても珍しい車両ではないでしょうか。
DSC_3076_R.jpg

●中田商会
室蘭市近辺の特定輸送を中心に行っている事業者ですが、個性的な車両が数多く在籍しています。
・室蘭200か320(KL-HU2PREA)
KL-HU系の前中扉仕様のツーステップ車は全国的に見ても珍しい存在です。
第一滝本館などの方向幕も入っています。
DSC_2694_R.jpg
・室蘭200か653(KC-HT2MLCA/元東武バス)
元事業者塗装のまま活躍していますが、古参車のため稼働率は低いようです。
なお、座席配置も元事業者時代のまま残っているため、中扉以降は三方シートとなっています。
DSC_2556_R.jpg
・室蘭200か993(QRG-KV290Q1)
年式的には最新となる車両です。LV/KV290系の導入は道内でも比較的早く、KV290系のAMT仕様はこの車両が道内初導入でした。
.DSC_2788_R.jpg

2019.冬 道内のバス動向 - 2019.01.28 Mon

2019年最初の更新となります、今回は道央圏を中心に最近のバス動向を紹介していきます。
去年も道内・道外問わず各地でバスを眺めてきましたが、今年も各地へ出かけて成果を記事として更新していきたいと思います。
今年もよろしくお願い致します。
DSC_0332_R_20190128223131c48.jpg


●北海道中央バス
・札幌22か2664(U-HU3KPAA)
冬ダイヤ改正に合わせて転属車両も発生しています。
その中でも1995年式最後の生き残り、そして一般路線車最古参となる札幌22か2664が千歳営業所へ転属しました。
2018年秋に運用から外れていたため引退かと思いましたが、まだもう少し活躍する姿を見ることが出来そうですね。
DSC_0937_R_201901282231100f2.jpg
・札幌200か2208(KC-LV280Q)
千歳営業所へ転属してから1年が経ちました、同型車の中には既に引退した車両もいます。
DSC_0738_R.jpg

●ニセコバス
・札幌230い1871(2DG-HX9JLCE)
いわない循環バスノッタライン向けの新車で、ニセコバス岩内営業所に所属しています。
2018年7月から運用に入っており、同時期に中央バス千歳営業所に所属していた札幌200か2072が予備用としてニセコバスへ移籍しています。
DSC_1182_R.jpg

●ジェイ・アール北海道バス
・524-7919/札幌22か3048(KC-MP717P改)
札幌市交通局委譲車最後の生き残りとなった車両です。
いつの間にか中央バス、じょうてつに移籍した車両も姿を消し、市バス自体がこの1台のみになったというのは本当に信じられないですね、この姿もいつまで見ることができるのでしょうか。
DSC_1219_R.jpg

●夕鉄バス
・札幌22か2175、2176(U-HU2MMAA)
夕鉄バスの最古参路線車です。KC-が先に引退していますが、U-もそろそろ見納めになってしまうのでしょうか。
DSC_0498_R_201901282231357f0.jpg
今は見ることができない「急行 石炭の歴史村」の方向幕も残っています。
DSC_0433_R_20190128223133427.jpg
・札幌200か2699(KC-HU2MLCA)
最近夕張(本社)営業所から野幌営業所へ復帰しました。
DSC_0559_R_201901282231364c9.jpg
・札幌200か5061(2PG-KV290Q2)
札幌200か1192以来、14年ぶりに新車が入りました。
JR石勝線夕張支線が今年度末をもって廃止となるため、その代替バス向けとして2018年秋に新車3台が導入されました。
現在は新札幌~夕張や夕張市内線で活躍しています。
DSC_0561_R_20190128223136b77.jpg

●函館バス
・T1174/函館200か873(2KG-LV290J3)
2018年秋に導入された新車で、東京2020オリンピック・パラリンピック特別仕様ナンバープレートが取り付けられています。
今回の新車から側面の行先表示が戸袋窓に設置されるようになったようです。本州のバス事業者ではよく見る仕様ではありますが、道内のバス事業者では初かと思われます。
DSC_1314_R.jpg

2018年 道内・道外バス動向 - 2018.12.30 Sun

2018年も残りわずかとなりました。
2007年から1年間の道内バス動向まとめを記事にしていますが、平成最後となる今年は12回目の道内バス動向まとめ記事となります。
DSC_0112_R_2018123022401777b.jpg


●2018年 道内のバス動向
”札幌200か”ナンバーも4800番台~5100番台まで進み、ついに”札22あ”ナンバーを超えました。
今年はこれまで何年も新車が入っていなかったバス事業者でも新車が入るなど、特に道内各地で新型エルガ/ブルーリボンを見る機会が増えました。
DSC_0544_R_20181230224023ecd.jpg
9月の北海道胆振東部地震が発生するなど災害の多い1年でしたが、千歳市では災害時の避難用車両として千歳相互バスにも新車が入りました。
DSC_3558_R.jpg
今年も道内各事業者では本州からの移籍車が入りました。
これまで存在していなかった仕様の車両や久しぶりに東京都交通局からの移籍車が入るなど、様々な車両が道内に流れています。
DSC_4903_R_201812302239472a2.jpg
DSC_2171_R_20181230224026c15.jpg
5年前に東京都からの譲渡車両として夕鉄バスに入った札幌200か3314の引退も話題になりました。
DSC_7794_R.jpg
道南バスでは苫小牧市交通部委譲車の塗装更新も進んでおり、苫小牧市交通部塗装を纏っている車両もあと数年で見納めになるかもしれません。
DSC_7870_R_201812302242317ea.jpg

◎札幌大手3事業者
☆北海道中央バス
2017年度末と2018年冬ダイヤ改正時の2回に分けて新車が入りました。
DSC_0047_R.jpg
主な代替対象は大型ショート車でした。
DSC_2858_R_201812302240266ef.jpg
新車が入ったことによる玉突きでグループ会社でも代替が進み、空知中央バスも大型ショート車が減る結果となりました。
DSC_0694_R_201812302240242ef.jpg
西岡営業所に残っていた方向幕車も引退し、札幌事業部エリアにおける方向幕車は全滅となりました。
DSC_9550_R_20181230224311c01.jpg
移籍車も引退車両が出ており、リフト車(移籍時に撤去済)やリーフサス車も新車に置き換えられました。
DSC_6381_R.jpg
DSC_8656_R.jpg
なお、年末で札幌市交通局委譲車が全滅となりました。
96年式、97年式が纏まった台数が残っていましたが、一気に置き換えられる結果となりました。
DSC_9083_R.jpg
DSC_0102_R_201812302240148b0.jpg
DSC_0056_R_20181230224012d9b.jpg

☆ジェイ・アール北海道バス
今年もまとまった台数の新車が入り、JR北海道バスが導入したツーステップ車が全滅となりました。
DSC_8991_R.jpg
代替が進みJR北海道バスが導入した車両自体が貴重なものとなり、札幌市交通局委譲車も残り1台になってしまいました。
DSC_6396_R.jpg
DSC_0030_R.jpg
DSC_4934_R.jpg
また、手稲営業所、琴似営業所から深川営業所へ深名線向け一般路線車3台が転属したことも話題になりました。
DSC_0744_R_20181230224026908.jpg
これにより深名線バス転換時に用意された車両や予備で残っていた7m車も全滅となっています。
DSC_0707_R_201812302240257a2.jpg
DSC_9661_R_20181230224318017.jpg

☆じょうてつ
最近は移籍車の導入がメインでしたが、今年は2017年度末と秋頃の2回に分けて新車が入りました。
その中でも1台だけではありますが、久しぶりにふそうの新車も入りました。
DSC_9707_R_2018123022432080c.jpg
今年もまとまった台数の移籍車が入り、古参車の代替が進んでいます。東急バスからの移籍車が続いていましたが、今年は一般路線車としては初となる京急バスからも移籍車が入りました。
DSC_9758_R_20181230224321364.jpg
これにより代替が進み、KL-の自社発注車自体残り少なくなりました。
DSC_5001_R.jpg



●2018年 本州のバス動向
今年訪れた地域における、ここ数年の車両動向も紹介していきます。
☆青森/青森市企業局交通部
今年も新車が入り、初となるMP38系が採用されました。
DSC_9837_R.jpg
僅かながらU-がまだ生き残っています。
DSC_9862_R.jpg
☆青森/弘南バス
大型車の台数が少ない事業者ではありますが、中型車だけではなく中型ロング車も入りました。
DSC_9827_R.jpg
DSC_9907_R.jpg
残念ながら2台残っていた元横浜市交通局のP-HT233BAが引退となりました。
DSC_9905_R.jpg

☆秋田/秋北バス
親会社以外からの移籍車もまとまった台数が入っています。
DSC_9941_R.jpg
DSC_9922_R.jpg

☆栃木/関東自動車
復刻塗装の新車なども入っています。
DSC_6706_R.jpg
代替は進んでいるものの前後扉車もまだまだ見ることができます。
DSC_6723_R.jpg
10月には東野交通が解散、関東自動車と経営統合しています。
DSC_6688_R.jpg
DSC_6726_R.jpg

☆茨城/茨城交通
同じ事業者からの移籍が中心でしたが最近は様々な事業者から移籍車が入っています。
久しぶりに横浜市交通局からの移籍車も入りました。
DSC_6442_R.jpg
まだ残っているP-、綺麗な姿で活躍しています。
DSC_6545_R_201812302310117f1.jpg

☆神奈川/横浜市交通局
画像は去年の新車ですが、今年も新車が入っており、それにより置き換えられた車両も国内各地で再就職を果たしています。
DSC_0158_R_2018123022531868f.jpg
☆神奈川/川崎鶴見臨港バス
道内事業者にも移籍していますが、KL-も残りわずかとなりました。
DSC_0206_R.jpg
☆神奈川/相鉄バス
同じく道内事業者にも移籍していますが、こちらも代替が進んでおり、KL-を見かける機会も減っています。
DSC_0156_R_20181230225318e32.jpg
☆神奈川/江ノ電バス
”横浜200か”の3桁ナンバー車自体貴重な存在になっていますが、まだ残っていました。
DSC_0176_R.jpg

☆新潟/新潟交通
最近は新車だけではなく移籍車も入っています。前後扉車が代替されていますが、まだまとまった台数が生き残っているようです。
DSC_6559_R.jpg
☆新潟/越後交通
最近は横浜市交通局からも移籍しており、港南営業所にいた長尺車も再就職を果たしています。
DSC_6600_R.jpg
DSC_6587_R.jpg

☆静岡/遠州鉄道
ツーステップ車が数を減らしています。そろそろ見納めでしょうか
DSC_1322_R.jpg
DSC_1266_R_201812302253153e7.jpg

☆愛知/名古屋市交通局
車両の使用年数が延びた関係でKL-初期の車両もまだ見ることができます。
DSC_1415_R.jpg
新車が入った関係でKL-の基幹仕様は全滅となりました。
DSC_9373_R_201812302315542b5.jpg

☆岐阜/岐阜バス
まだKC-も残っているものの、代替が進んでいます。
DSC_9265_R_20181230231552267.jpg

☆三重/三重交通
最近はKC-の代替まで進んでいるものの、まだ僅かながらU-が残っていました。
DSC_9177_R.jpg

☆福井/京福バス
KL-の移籍車が増え、古参車が代替されています。
DSC_1378_R.jpg

☆岡山/両備バス
新車も入っており、前後扉車も数を減らしています。
DSC_8485_R.jpg

☆広島/トモテツバス
5Eがまだ生き残っていることで有名な事業者ですが、移籍車も入って置き換えが進んでいるようです。
DSC_8501_R.jpg

☆鳥取/日本交通
ふそうの導入がメインですが、最近の路線車はJ-BUSが中心となっています。
DSC_8613_R.jpg
鳥取・倉吉・米子の各地域でMP38系が入りました。
米子エリアでは約18年ぶりに大型路線車が新製配置されています。
DSC_8548_R.jpg
米子エリアで活躍している長尺前後扉車も残り2台となりました。
DSC_8563_R.jpg
☆鳥取/日ノ丸自動車
KC-も残り少なくなりました。
DSC_8615_R.jpg

☆山口/サンデン交通
代替が進んでおり、青一色の新塗装ばかり見かけるようになりました。
DSC_1528_R_201812302258556ef.jpg

☆福岡/西鉄バス
西鉄バス本体では残り少なくなった58MCですが、北九州エリアではまだまとまった台数が残っています。
DSC_1495_R_20181230225846697.jpg

☆長崎/長崎自動車
代替が進み、U-もそろそろ見納めでしょうか。
DSC_2036_R.jpg
☆長崎/長崎県営バス
主に公営事業者からの移籍車が中心に入っていますが、今年は東急バスから長尺車が移籍してきました。
DSC_2009_R.jpg
☆長崎/西肥バス
久々にふそうの新車が導入されました。
DSC_2095_R.jpg
並行して移籍車も入っています。
DSC_2099_R.jpg
☆長崎/佐世保市交通局
今年度末をもって民間事業者に委譲される佐世保市交通局ですが、最近では東京都交通局から比較的新しい移籍車なども入っています。
DSC_2065_R.jpg

☆熊本/九州産交バス
引き続き様々な事業者から移籍しています。
DSC_1804_R.jpg
久しぶりにまとまった台数の新車が入りました。自社発注のノンステップ車は専用塗装が用意されていましたが、最近入った車両は通常塗装を纏っています。
DSC_1917_R_20181230230414911.jpg
☆熊本/熊本都市バス
全国的に残り少なくなっている東京都交通局都市新バス仕様車の移籍車もまだ残っています。
DSC_1923_R_201812302303589b9.jpg
熊本市交通局塗装を見かける機会も減りました。
DSC_1941_R_20181230230401de8.jpg
☆熊本/熊本バス
P-もまとまった台数が残っていましたが、移籍車を入れて代替が進んでいます。
DSC_1939_R.jpg
☆熊本/熊本電鉄
塗装が変わり、新塗装車も少しずつ数を増やしています。
DSC_1803_R_2018123023041019d.jpg

☆宮崎/宮崎交通
まだまだP-が生き残っており、どの車両も綺麗な状態で活躍しています。
DSC_1707_R.jpg
DSC_1712_R.jpg

☆鹿児島/鹿児島市交通局
新車が纏まった台数入っています。
DSC_1632_R_20181230225904048.jpg
旧塗装車も見る機会は減りましたが、U-もまだ見ることができます。
DSC_1663_R.jpg
☆鹿児島/鹿児島交通
最近はノンステップ車を中心とした移籍車が入っています。
DSC_1581_R_20181230225902417.jpg
☆鹿児島/南国交通
こちらも新車が入っており、最近はワンステップ車だけではなくノンステップ車も入っています。
DSC_1592_R_20181230225904389.jpg

☆沖縄/琉球バス交通
毎年まとまった台数の新車が入っているため、米軍スクール車も数を減らしています。
DSC_0401_R_201812302253147b4.jpg
☆沖縄/那覇バス
古参車の代替が進んでいますが、観光マスクのキュービックも残っています。
DSC_0358_R_20181230225309846.jpg
☆沖縄/沖縄バス
纏まった台数の新車や移籍車が入っています。
DSC_0284_R_201812302253024d2.jpg
これによりエアロスターKも残り1台になりました。
DSC_0323_R_2018123022530584f.jpg
☆沖縄/東陽バス
まだP-が生き残っていますが、減便等で台数を減らしています。
DSC_0346_R_20181230225307be6.jpg
20年以上新車が入っていなかったものの、ついに新車も入りました。
DSC_0242_R_2018123022530008e.jpg

2018.春 札幌圏動向① - 2018.03.19 Mon

今回は札幌圏のバス動向について紹介していきます。
中央バス、じょうてつでは2017年度末の新車が導入されました。

●北海道中央バス
2017年12月に新車が入ったばかりですが、今年度末の新車も入りました。一部車両は既に稼働しています。
前回の新車と大きな差異はありません。
・札幌200か4894(平岡/2PG-LV290Q2)
DSC_9737_R.jpg
このほか、札幌200か4895、4897(西岡/2PG-LV290Q2)、札幌200か4909(大曲/2PG-KV290Q2/中ロマ仕様)も確認しています。

ちなみに、札幌200か4909の無線番号上の代替は札幌22か3106となります。
大曲営業所から”札幌22か”ナンバーをつけた車両が姿を消すことになってしまうのでしょうか。
DSC_4729_R.jpg

●じょうてつ
去年春以来となる新車が入りました。最近は移籍車の導入が中心でしたが、久しぶりにまとまった台数の新車が入りました。
・札幌200か4886(藻岩/2PG-MP35FM)
2015年以来となるふそうの新車が入りましたが、今回は1台しか導入されていないようです。
また、2017年モデルのエアロスターワンステップ車はこれが道内初となります。
DSC_9707_R.jpg
・札幌200か4892(川沿/2PG-LV290Q2)
川沿営業所にいすゞが入るのもかなり久しぶりのこととなります。
DSC_9768_R.jpg
・札幌200か4893(藻岩/2PG-LV290Q2)
DSC_9749_R.jpg
このほか、札幌200か4888(川沿/2PG-KV290Q2)も確認しています。

同時期に移籍車も入りました。
・札幌200か4882(藻岩/PJ-LV234L1)
今回は東急バスではなく、京急バスからの移籍車が入りました。
京急バスの路線車が移籍して来るのはこれが初となります。
DSC_9758_R.jpg

また、札幌200か2310が川沿営業所に転属しているのも確認しています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

画像が変わるプロフィール

OTB@北斗15号のプロフィール

Author:OTB@北斗15号
FC2ブログへようこそ!
中央バス西岡営業所の車両をよく見ながら生活している学生です。
たまに一眼レフを持って出かけたり…。
鉄道、バス、アニメetc...に興味を持ってます。
年齢はバスのナンバーで言えば札幌22か2400番台、721系F1009編成の製造1週間くらい前、東豊線福住延伸ちょうど1か月前。

『北の風に乗って』は、北海道の地から風のように颯爽と走り去る、引退して風のように吹き去っていく、そんなバスや鉄道に乗って、それを紹介したい思ったのが由来です。

plugin by F.B

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter@s22k1845

QRコード

QR

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
325位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
72位
アクセスランキングを見る>>

kitaca

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる