topimage

2012-12

2012年の成果 - 2012.12.31 Mon

2012年は趣味の面ではすごく、本当に過去最高の成果があった年だと思います。

まず、せっかくなので今年1年間で、個人的に大きな成果があった、名(?)企画をランキングにしてみたいと思います。
☆5位:『関東旅行』(3月)
残り1台になってしまった横浜市営のブルリを撮りたい…!ということで関東へ向かい、3日間、朝から夜までずっとバス三昧でした。鉄道、バス、飛行機あわせて3日間で66台もの車両に乗車しました。
1日目は、東京から近い割には古参車もたくさんいる茨城県へ。バスを待っていても、10分あれば何台ものP代を見れると言う茨城交通を中心に撮影しました。
結果として、1988年式の富士重工5E、1989年式の1つ目レインボーに乗車することができ、大満足でした!
130_20121231180359.jpg
165_20121231180358.jpg
284_20121231180427.jpg
他にもひたちなか海浜鉄道にて北海道出身のキハ2004に乗車、春の茨城を満喫してきました。
235.jpg
2日目は、今回の1番のメイン、横浜市営の乗り回しでした。結果としては20台以上乗車し、狙いの横浜市営バス港南営業所所属9-3656号にも乗ることができました。
353_20121231180426.jpg
それ以外にも1999年式の中型車やNエアロ、1996年式のCNG車にも乗車できましたが、KC-の大型車は現在全滅となってしまいました。
389_20121231180426.jpg
3日目は、とにかく首都圏のKC-を狙う目的で動き、横浜市営のキュービック乗車から始まりました。
413_20121231180425.jpg
都内では都営バスのHIMRとブルリノンステを撮影、東京で見るブルリの並びは嬉しかったですね。
535.jpg
548_20121231180518.jpg
この旅の〆は、船橋新京成バスのKC-でした。船橋駅から鎌ヶ谷大仏までの約40分を首都圏では全滅間近のKC-で楽しんできました。
574_20121231180517.jpg

☆4位:『苫小牧市営バス×沿線風景の撮影』(2月~3月)
今年、北海道のバスで一番大きなニュースだったのが苫小牧市営廃止だと思います。
最終日もいろいろな車両に乗車でき、今までお世話になった苫小牧市営バスを思い出しながら最終便までずっと、もう乗ることのできない苫小牧市営バスに乗っていました。
2012年3月31日22時。いつものように最後のバスがターミナルを発車して行きました―、それを見届けて苫小牧市営バス最後の撮影も終えました。
267_20121231180428.jpg
…が、その約1か月前に苫小牧市営バス廃止前ということで焦って風景と絡めて苫小牧市営バスの走行写真を撮影する機会があり、その成果が4位にランクイン。
まず1回目は、本数も少ない苫小牧市の外れを走る路線の走行写真撮影でした。
寒い中待って撮影しましたが、その光景は今でも鮮明に残っています。
特に43系統は現在、大型車での運用はなくなってしまっただけに貴重なものになりました。
074_20121231180400.jpg
070_20121231180401.jpg
093_20121231180359.jpg
その後も何度か苫小牧に行き、バスに乗車しつつ、苫小牧市営バスがある風景写真をいくつか撮影しました。
いつまでも苫小牧市営バスの走る風景が浮かんでくることでしょう、そんな苫小牧市営バス最後の冬の記憶です。
017_0.jpg
108_0.jpg

☆3位:『1674さよならツアー』(7月)、『秋のキュービック貸切ツアー』(11月)
有志で行われたバス貸切ツアーに参加させていただいた時の出来事が3位にランクイン。どちらも楽しませていただきました、本当にありがとうございました。
まずは、初めてバス貸切ツアーというものに参加した、『1674さよならツアー』。
暑かったですが、天気もよく、中央バスの路線車としては最後の92年式。
そんな1674にとっては最後の小樽市内を走る小旅行、最後まで走り抜けました。
そしてこのツアーをもって、札幌22か1674は引退となりました。
1674にとって最後の乗客になれてよかった―
DSC_1510.jpg
DSC_1578.jpg
DSC_1615.jpg
続いて、私も多少ではありますが計画に参加させていただき、南郷営業所西岡車庫出身ということで個人的にも思い入れのある札幌22か2425を貸切った、『秋のキュービック貸切ツアー』。
初雪が降った日に行ったので天気は…でしたが、楽しい1日となりました。
2425にとっても味わったことのない場所をひたすら走り、力強く石狩市を駆け抜けていきました。
この札幌22か2425も約1ヶ月後に引退となったようです、18年間お疲れさまでした。
DSC_0745.jpg
DSC_0922_20121231180611.jpg
DSC_0858_20121231180611.jpg

☆2位:『中央バス保存車に対面』(9月)
2位になるほど印象的だったのが、この9月のとある日の出来事です。
中央バスの職員の方の許可・協力を得て、中央バスの保存車に会うことができました。
鮮明には残っていないけれども、北海道の地で活躍していたモノコック車に対面することができたのもよかったです。
うち1台は1978年式…、動いていなくともこんな車両に乗れると言うのはすごく良かったなと思います。
この車両たちがいるからこそ今のバスがある、そう考えても本当に貴重な機会だったと思います。
DSC_0609_20121231180515.jpg
DSC_0789.jpg
DSC_0694.jpg
DSC_0716.jpg
DSC_0720.jpg

☆1位:『北の風に乗って企画~前後扉車貸切ツアー~』(8月)
もう自分の中では今年最大のイベントです。
ブログを開設してから5年、何かやりたいと思って思いついたのがこの企画でした。
そして、このブログを通じて知り合った方やもともとインターネット上で交流させていただいていた方々とお会いし、残り3台となったじょうてつの前後扉車のうちの1台、札幌22か2920の貸切を行いました。
DSC_0064.jpg
2920にとっても初めての場所へ行ったり、高出力車の力の見せ所であろう峠越えも行いました。
DSC_0286_20121231180516.jpg
途中、フォトランも行い、定山渓を走る写真の撮影もできました。
DSC_0296_0.jpg
DSC_0322_0.jpg
今回、このような企画の幹事をさせていただき、それだけたくさんの方々にお世話になり、ご迷惑もおかけし、申し訳ありませんでした。
何かと不安も抱きながら、終えることとなり、完璧な企画にできなかったのは心残りです。
思い出を運んで1日中走ってくれた2920、1日でも長く頑張って―
そして、いつかまたこんな企画ができれば―


続いて上記のランキング以外での今年1年の成果のまとめをしたいと思います。
☆1月
今年最初の成果は小樽での乗り回しでした。小樽市内では19台の車両に乗車しました。
012_0.jpg
ポテトライナーで帯広にも行ってきました。初の3列シート車による高速バスに乗車しました。
帯広では狙いの元関東バスC2001や87年式エアロKの撮影もできました。
002_0.jpg
022_0.jpg
034_0.jpg
1月は3台も3列シート車に乗ることができました、新千歳空港連絡バスでの乗車でした。
052_0.jpg

☆2月
西岡営業所を訪問させていただきました、引退間近の1004にも乗せていただきました。
052 (2)_0
049_0.jpg
020_0.jpg
苫小牧では樽前ガロー線の乗車もできました。
008_0.jpg
047_0.jpg

☆3月
廃止直前の南56に乗車しました、これが3月最初の成果。
004_0.jpg
1004、最後の活躍をする姿も撮影しました。この1週間後には…。
001_0.jpg
苫小牧市営バス廃止の約10日前、苫小牧に行って引退間近の1988年式である66号車の乗車や苫小牧市営バスとしては運行最終日だった墓参バスの撮影もしました。
066_0.jpg
046_0.jpg
札幌市営地下鉄南北線3000形引退イベントもありました、これが最後の乗車なんて信じられない、そんな印象でした。最後はホームにあふれる人に見送られて―
057_0.jpg
とうとう迎えてしまった苫小牧市営バス最終日、寝坊から始まりました(汗
この日をもって廃車になる車両、特に今年乗車したバスの中では最古参となる1987年式や1988年式の乗車もある程度行いましたが、いろいろな路線にも乗車し、昔からよく見てきた苫小牧市営バスがいつも通り走る姿を見て、苫小牧を後にしました。
18本の乗車となりました。苫小牧市営バス最後の日、しかしいつもと変わらない1日―
087_0.jpg
083_0.jpg

☆4月
中央バスの新車を中心に乗り回しました、2661LED化はさすがに焦った…。
011_0.jpg
いつもの塗装のバスがいつも通り走る苫小牧へ…、でも遭遇する車両がいつもと違うことには驚きつつ…。
DSC_0144_0.jpg

☆5月
懲りずにGWも苫小牧…、室蘭も行ってきました。苫小牧の某所では…。
DSC_0345_0.jpg
学園都市線電化前最後の休日…、沿線には見守る人も多い中の撮影でした。
DSC_0588_0.jpg

☆6月
急に1674を撮りたいと思って、平日をめがけて行った小樽。
商大線沿線で撮影地を探しながら、走りゆく1674を撮影―
DSC_0727_0.jpg
またまた室蘭&苫小牧へ。苫小牧では2カ月ぶりに復活した苫小牧市営バス旧68号車、現886号車の撮影、室蘭では残り1台となったエアロKの乗車もできました。
DSC_0780_0.jpg
西岡営業所へ見学もさせていただきました。ご厚意で運用開始前の3250に乗車させていただき、誰よりも早く3250への乗車ができました!
DSC_0968_0.jpg

☆7月
ブログでは扱わなかったのですが、2665にこんなこともさせていただきました。
DSC_1038_0.jpg
千歳に転属した2437の乗車ができました…!何度か行ってやっと遭遇できました。
DSC_1072_0.jpg
733系甲種輸送を撮影し、少しばかり追っかけも。
DSC_1195_0.jpg
自転車で石狩営業所まで行ってきました、大量の離脱車両には驚き…。
DSC_1269_0.jpg

☆8月
定山渓まで行ってきました、じょうてつの古参車の撮影や乗車もできた1日でした。
その後は例の件のこともあったので川沿営業所へ行って、2919の撮影もさせていただきました。
DSC_1742_0.jpg
DSC_1748_0.jpg
やっぱり苫小牧へ行って、886号車の運転席も座らせていただきました!
DSC_1814_0.jpg
DSC_1781_0.jpg
DSC_1818_0.jpg
雨降るなかニセコまで行って、ヌプリやニセコバスの撮影もしました。
DSC_1882_0.jpg
DSC_1986_0.jpg

☆9月
約1カ月ぶりの2920を楽しんできました。
DSC_0564_0.jpg
DSC_0561_0.jpg
厚田へも行ってきました、その約2カ月後には実際にバスで厚田も通りました。
DSC_0595_0.jpg

☆10月
旭川のバスも満喫してきました、この日乗った中で1番は元都営の7Eですかね~。
DSC_0884_0.jpg
DSC_0930_0.jpg
3000形、304号車の搬出にも遭遇しました。
DSC_0999_0.jpg
余市へ行き、1029の乗車などもできました。海を眺めながらの路線も良いものですね。
DSC_0025_0_20121231175807.jpg
今年3度目の西岡営業所撮影もさせていただきました、2447の離脱はもう…。
DSC_0126_0.jpg
DSC_0152_0.jpg

☆11月
夕張や苫小牧も行ってきました、夕張では元都営の3314に乗車、苫小牧ではやっぱり886号車。
DSC_0352_0.jpg
DSC_0398_0.jpg
自転車で北広島へ…、途中JHBの元都営なども撮影しました。
DSC_0437_0.jpg
2425最後の乗車も…。
DSC_1043_0.jpg

☆12月
冬季対策復活を果たした2220の撮影もできました、これが最後の撮影になるなんて…。
DSC_1197_0.jpg
やっぱり苫小牧、今後も少しでも貢献したいものです。
久しぶりの樽前ガロー線乗車や、相変わらずの886号車も。
DSC_1261_0.jpg
今年最後の撮影車両はこちらでした、今年最後の乗車車両もじょうてつで、札幌200か2067でした。
DSC_1443_0.jpg


今年は、本当に今年1年というのは充実しており、趣味の面でもいろいろな車両を見て、乗って、撮って…本当に楽しかったです。
今後ここまで大きな成果を得られる年もないような気もするほどで、一生忘れることのないであろう企画もたくさんあり、中にはすでに廃車になった車両や廃車間近の車両との思い出もたくさんでき、『今年じゃないと楽しめない』という企画ばかりでした。
また、多くのこのブログがきっかけで、ブログを見ていただいているいろいろな方にお会いすることができ、そういった交流をさせていただいたからこそ、充実した1年だったのだろうと思います。
本当に携わっていただいた皆さん、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。
また、このブログも5周年を迎え、20万以上のアクセスを達成することができました。
来年も何事も頑張って行きたいと思うので、北の風に乗って、そしてOTBをどうか、よろしくお願い申し上げます。

最後に、バスなどの撮影に協力いただいた方々、お会いした皆様、バス貸切ツアーなど企画していただいた方々、ブログをご覧の皆さま、本当にどうもありがとうございました。
そして、今年も『北の風に乗って』にアクセスしていただきありがとうございました。
2007_0916画像0725
スポンサーサイト

2012年を振り返って~バス・鉄道編~ - 2012.12.30 Sun

毎年恒例、今年1年間の北海道での鉄道・バスの出来事をまとめたいと思います。

●鉄道
3月:札幌市営地下鉄3000形営業運転終了。
057_20121230195549.jpg
128_20121230195632.jpg
6月:十勝鉄道廃止。
050_20121230195550.jpg
学園都市線電化。
DSC_0526.jpg
DSC_0528_20121230195754.jpg
DSC_0573_20121230195753.jpg
10月:学園都市線完全電化。
DSC_0644_20121230195829.jpg
11月:711系旧塗装による6連が実現。
DSC_1057_20121230195907.jpg

●バス
1月:中央バス今年の移籍車導入スタート。(3118~3377/計48台?)
DSC_1116.jpg
2月:中央バス、新車導入①。
040_20121230195516.jpg
3月:札幌200か3200番台突入。
中央バス、新車導入②。
072_20121230195548.jpg
じょうてつ、新車導入。
DSC_0379_20121230195755.jpg
苫小牧市営バス廃止。これにて道内の緑ナンバー公営事業者全滅。
112_20121230195546.jpg
213_20121230195633.jpg
218_20121230195632.jpg
6月:中央バス、新車導入③。
DSC_1012.jpg
7月:中央バスの路線車としては最後の92年式が引退。
DSC_0715_20121230195829.jpg
DSC_0729.jpg
9月:札幌200か3300番台突入。
11月:中央バス、新車導入④。
DSC_1149_20121230195905.jpg
JHB、新車導入。
DSC_0488_20121230195755.jpg
東京都より夕張市にノンステップバス1台が無償譲渡され、運用開始。(夕鉄バス/札幌200か3314)
DSC_0308.jpg

●中央バス西岡営業所
3月:廃車→札幌22か2218、札幌200か1004。
DSC_0996.jpg
019_20121230195518.jpg
転属→札幌22か2524,2525(第一観光へ)、札幌22か2748(返却)。
001_20121230195519.jpg
新車→札幌200か3176(ブルリⅡ/代替:1004)、3180(Nエアロ/代替:2218)、3194(ガーラ/代替:2524?)、3200(セレガ/代替:2525?)。
032_20121230195516.jpg
DSC_0985_20121230195827.jpg
061_20121230195548.jpg
冬季対策落ち→札幌22か2219。
5月:LKG-に小変化、ホイールが10穴から8穴に交換。
6月:新車→札幌200か3250(セレガ/代替なし)、3251(ガーラ/代替なし)。これによりQ**-の新車初導入。
DSC_0962_0.jpg
10月:廃車→札幌22か2219、札幌22か2447。
DSC_0146_20121230195721.jpg
DSC_0132_20121230195722.jpg
移籍車→札幌200か3316(元名古屋市営KH-62/代替:2219)、3321(元名古屋市営KH-63/代替:2447)
DSC_0866_20121230195827.jpg
DSC_0106_20121230195630.jpg
冬季対策落ち→札幌22か2220。
11月:ICカードリーダー設置。
12月:廃車→札幌22か2220?
DSC_1007.jpg
転入→札幌22か2748?(札幌東より/代替なし)、3102(札幌北より/代替:2220(推測))

●じょうてつ川沿営業所
1月:移籍車→札幌200か3113(UD/元東急)、3114(ブルリ/元京成)。
液晶運賃表設置開始(札幌200か1709~)。
081_20121230195547.jpg
DSC_0216.jpg
DSC_0338.jpg
3月:廃車→札幌22か2598、2599、2600、2859、2860、2861、2863、2864、2865、2919、札幌200か1709、1772。
007_20121230195519.jpg
新車→札幌200か3154、3156、3157(ともにNエアロ)。
移籍車→札幌200か3146(MBECSⅢ/元横浜市営)、3147、3153(ともにUD/元東急)、3210、3213(ともにブルリ/元名古屋市営)。
024_20121230195517.jpg
転入→札幌200か1073、2833(ともに藻岩より)
DSC_0295.jpg
ダイヤ改正により7特急廃止。
DSC_0122_20121230195630.jpg
9月:廃車→札幌200か1807。
DSC_0287_20121230195720.jpg
移籍車→札幌200か3303、3310(ともにブルリ/元東急)
新型運賃箱設置開始(元小田急~)。
DSC_0066 (2)
10月:廃車→札幌200か1025。
11月:移籍車→札幌200か3298(UD/元名古屋市営)。
12月:移籍車→札幌200か3311(UD/元名古屋市営)
最後の自社発注前後扉車である札幌22か2918、2920車検通過。
DSC_0586_20121230195830.jpg

さて、次回の更新で今年最後の更新となります。

今日の成果~今年最後の成果もじょうてつで~ - 2012.12.28 Fri

さて、今年最後(と思われる)成果です。
次回から2回ほど、毎年恒例の1年のまとめの記事を作りたいと思います。
車両在籍表もブログのTOPのほうにスペースを作ったので、車両の動きが分かり次第載せたいと思うのですが、各社動きが結構あるのでなかなか…と言ったところです。
特に中央バスについては動きがさっぱりですね…、今月初めから3167が北にいて、今日もちらっと姿を見ていますが、これも何の用途なのか気になるところです。

まず先日、JHBの1153(527-2811)を撮ったので載せたいと思います。
今年の新車もそろそろ落ち着いたころだと思うので、まだ元都営車も5台くらいは年を越せるということでしょうか?
DSC_1438_20121228172031.jpg

さて、運輸支局でこんなものに遭遇しました。
先日もお伝えした、元東急バスのニューエアロスターワンロマ車(KL-MP35JM改/2001年式)です!
高津営業所に所属していたTA285、286の2台がじょうてつに流れてきましたが、これはそのうちの1台かと思われます。
仮ナンバーをつけた状態で、ナンバーはまだ設置されていなかったので、まだ運用開始には時間もかかりそうな気がしますが、来月くらいには動きだせるくらいの準備は行われているように思いました。
ナンバーは札幌200か3380番台あたりになるでしょうかね。
DSC_1444.jpg
ちょうどよく運輸支局から出てきました。
前面のLEDには『回送車』の文字。どうやらじょうてつでもこの状態で使うようです。
視野拡大窓がないNエアロと言うのもすごい違和感…。
DSC_1452_20121228172030.jpg
側面LEDの移設が行われているのも見えます。
運賃箱は袋をかぶっていたので新品かと思われます、運賃表も液晶でじょうてつについているものです。
…となるとまだ新型運賃箱交換が完了していない藻岩に配属になるのでしょうかね。もう運賃表・運賃箱が搭載されているのに『もいわ』ステッカーがないのは気になりますが…。
DSC_1455.jpg
後部にはバックアイカメラも付いています。
印象としては川沿の3032、3060に近い印象ですね。
DSC_1457_20121228172028.jpg
…見た感じ一般路線で使うように見えますね、じょうてつ初のKL-移籍車、おまけにリクライニングシート付きの車両はどこの配属になるか楽しみです。
今年は4台も東急の新横溝口などで使用されていたワンロマ車が流れてくるとは思いもしませんでした。
3月には同型式車に乗っただけに特に驚きです。
450_20121228172031.jpg

最近の成果より~早速お目当てのあれに…~ - 2012.12.26 Wed

さて、年末も近くなってきていますが年内に書いておきたい記事が山ほどあるわけで…。
車両在籍表やら特集やら…できるところまでは年内にやっておかないと…とは思っています。
JHBの新車もそろそろ落ち着く時期でしょうかね、こちらも少しずつ狙って行ければと思います。


最近見た情報です。
●中央バス
西岡:まだ1回しか見ていないほど当たりが悪いのですが、札幌北より札幌22か3102が転属してきました、西岡では676や2888以来のブルリ大型ショートです。
LED改造が施されていますし、余計に違和感がありますね。2448が落ちたら西岡の自社発注ブルリは全滅かと思っていましたが、3102転属によりまだ西岡でも自社発注のブルリを見ることができそうです。
置き換えは冬季対策として復活したばかりだった2220でしょうか、最近は全く見かけていないですし…。なお、2448などはまだまだ現役で走っています。
その3102ですが、おそらく北のハイブリッド3346の置き換えられて西岡に来たと思うのですが、3346が稼働を開始した後も北管内で3102を目撃した記憶があるので、3102についていた機器を3346に移設されたのかどうかが不思議なところです。
石狩:2425、2506、省エネ教習車が車庫内に眠っていました。2423,2424は留置場所が変わりましたが、幕抜きのままで同じく幕抜きのエアロMと並んでいます。
●じょうてつ
藻岩:札幌200か881はLED交換が行われませんでした。結局880含め大量にいる93年式以降の車両+1279はしばらく置き換えないつもりなのでしょうかね。
川沿:小ネタにはなりますが、運賃箱が全車共通になったためか、南55非対応だった車両が南55運用に入る姿を毎日のように見ることができるようになりました。
最近見た限りでは、自社発注のNエアロツーステ(前中扉車)、元東急7E、札幌200か892,3210など。これは見慣れるまでにかなりの時間がかかりそうです。


本題です、苫小牧・室蘭方面へ行ってきました。
まずキハ143で苫小牧へ向かいます、久しぶりのPDC…札幌~苫小牧間も思ったより乗車率は良くなく、立ち席も覚悟してはいたのですが、全然座席も空いている程度でした。
DSC_1255 (2)
苫小牧到着時点でまだ8時前。こんな早い時間から苫小牧に行くのにも理由があるわけで…。
急いで錦西営業所へ向かいます、来たのは廃車も発生しているという91年式のエアロMでした。
ちなみに次の便も同じく91年式のエアロMということでびっくり…それでももうこれが最後の乗車になりそうな気も…。
DSC_1257 (2)

錦西営業所からは予約運行型路線となった旧43系統樽前ガロー線、『樽前ハッピー号』に乗車します。
予約が必要な便と不要な便がありますが、予約が不要な便は休日だと1日2本しかありません。
沿線住民が乗っているのは今までも見たことがないのですが、介護施設や比較的大きな病院がいくつかあり、それなりに需要はあるようです。
なお、数年ぶりに中型車による運行になったおかげで1車線の道にも入れるようになり、病院や学校の門の前までバスが乗り入れることが可能になり利便性が向上したとは思いますが、同じ道を行ったり来たりの繰り返し状態になりました。
運賃は苫小牧市営時代と比べて微妙に変更がありましたが、苫小牧中心部方面よりの乗り継ぎ割引廃止も決定していますし、もしそうなればターミナル~北樽前で600円以上かかることになります。

というわけで樽前への路線は苫小牧市営時代以来の乗車となります、来たのは専属の中型車で、苫小牧市営では空気輸送状態の路線ではふさわしくない大型長尺車が来ていただけに違和感を感じますね。
今回乗車した始発便には、通院客も乗りこみ、計6名の乗車となりました。
往路は観音前でほとんどが降車、病院もあるせいか意外とこのあたりに来る人が多いようで駐車している車の数も多かったです。1車線の道を走るため車とすれ違うのも一苦労です。
その後は、数十年前はにぎわっていたであろう樽前ハイランドを通過し、約20分程度で終点の北樽前に到着しました。
DSC_1266_20121226180351.jpg
DSC_1271.jpg
参考までに大型車乗り入れ時代。
北樽前バス停周辺にはそこそこ住宅もあるものの、沿線住民が利用している様子は見たことがないですね。
123_20121226180319.jpg

ここで今回乗車した車両の紹介もします。
この樽前ハッピー号の専属車は道南バス自社発注車であるいすゞジャーニーと日デ富士重工8Eの2台で運行されています。
今回乗車したのは8Eの698号で、ハイバックシート・シートベルト付き、6速MTという高速道路経由などの中距離路線に対応した仕様となっています。
運賃表には43系統も見ることができましたが、運賃表示部分は現在は使用されておらず、運賃が書かれた紙が貼られている程度でした。
DSC_1265_20121226180351.jpg
DSC_1267.jpg
DSC_1273_20121226180349.jpg

さて、約3分停車した後、往路便へ乗りこみます。
また比較的大きな病院なども経由しますが、車で通院している人がほとんどのようで、復路便では乗車もなく。
この便は南樽前経由となりますが、苫小牧市で運行しなくなったおかげで苫小牧市外も走ることとなりました。
バスは相変わらずこのような1車線の道を走ります…と言ってもバスを待つ乗客の姿もなく。
DSC_1274.jpg
国道を横切って白老町内も走ります。
DSC_1275.jpg
こまめに小さな住宅地や病院、小学校の前も通り、この後は国道を進みます。
その後、錦岡駅前を経由し、結局北樽前から誰も乗ることがなく錦西営業所へ到着しました。
隘路を走るがゆえの小さなトラブルもあったため、北樽前から18分遅れの約45分程度で錦西営業所へ戻ってきました。
苫小牧市営時代は本数が多く、誰も乗らない時間と言うのも多かったと思いますが、予約運行型路線になってからはこまめに巡回するだけに利便性は向上しましたが、どう考えてもダイヤがきつく、もう少し利用しやすければ…というのが乗車しての感想です。
乗り継ぎであれば片道200円以下の運賃ではありますが、存続のためにも少しでも協力できれば…と思います。
なかなか面白い路線でした、これは本当に乗る価値がある、おすすめ路線です。

またバスに揺られること約45分、苫小牧中心部へ戻ってきました。
まず苫小牧市営最新の車両、これが錦西管内の路線に入ると言うのも違和感が…。
DSC_1277_20121226180421.jpg
中央バスがターミナルから出てくるのもやっぱり違和感…。
DSC_1279.jpg
廃車が近いであろう91年式エアロM、それでも稼働率も上がって簡単に乗車ができるようになりました。
DSC_1281.jpg
道南バスのトップドア車も来ます、苫小牧でエルガもよく見たものですが現在は見ることが全然ないですね…。
DSC_1285.jpg
また91年式エアロMが来ました、01運用と言うのも苫小牧市営末期では見られなかったですね。
DSC_1294.jpg
さて、今回の狙いの車両が来ました…!
『移譲路線』の文字が目立つ車両…、その正体は道南バス移譲後初の元苫小牧市営路線用の移籍車、元横浜市営バス99年度車です!
古参の89年式と並ぶ、最新の99年式。苫小牧市営で最後に導入された新車は99年式で、それより新しい車両は存在しませんでしたが、同年式の移籍車がやってくる時代になりました…。
DSC_1287_20121226180456.jpg
側面LEDも苫小牧市営仕様ですし、行先表示も苫小牧市営らしい表示。
横浜市営時代と比べて大きな改造も施されている印象もなく、ミラーも保土ヶ谷・浅間町・滝頭・若葉台etcタイプのままになっています。
苫小牧市営で導入した移籍車は側面表示を移設しているわけですが、道南バスではそういったことは行わないようですね。
元苫小牧市営の営業所所属車両の社番は800番台ですので、この車両も800番台の社番が付くことになりました。
DSC_1297_20121226180454.jpg
DSC_1299_20121226180453.jpg
DSC_1300_20121226180453.jpg
DSC_1292_20121226180455.jpg
DSC_1307.jpg
車内も特に横浜市営時代と変わりはありません。ここまで改造されないのも珍しい気がします。
DSC_1309_20121226180547.jpg
というわけで、道南バス移譲後初の移籍車は元横浜市営となりました。
元横浜市営の日野99年度車の移籍は道内ではこれが初の例となります、中央バスあたりも導入しそうな様子はありますが、96年度車と比べてそこまで多い台数が来る様子はないですね。元横浜市営の日野99年度車は他にも広島電鉄などに移籍しています。
今回撮影・乗車することができた892号は、2011年11月に開催された『9-3667廃車立ち会いツアー』をもって廃車になった、横浜市営バス保土ヶ谷営業所所属9-3667号だった車両です。
横浜時代は多くのバスファンに見守られて廃車になったこの車両が北海道に来て第2の人生を歩み出したと言うことですね。
【車両詳細】
社番:892号車
登録番号:室蘭200か・760
所属:道南バス錦西営業所?
型式:KC-HU2MLCA(日野ブルーリボン)
元所属:横浜市営バス浅間町営業所→滝頭営業所→保土ヶ谷営業所
製造:1999年12月

9-3666,3668は撮ったことがあったのでそちらを参考画像にします。
この車両ももしかしたら移籍しているかもしれないですね、なんとか今回は社番調査が出来たので、他の2台も調査しておきたいです。
514_20121226180317.jpg
338_20121226180317.jpg
…しかし元横浜市営の99年度車といえば今年3月にそのためだけに横浜まで狙いに行ったほどで、何回も乗ったことがある車両です。
そんな車両が身近なところに来てくれたのは嬉しいですね、ぜひ港南車も…!

17だったので錦西の車両ですかね、小糸井町まで久しぶりの元横浜市営99年度車を楽しんだ後、01でターミナルへ戻りました。
すると今度は…おなじみ元苫小牧市営バス68号、錦西営業所所属886号(1988年式/P-HU236BA)が…!
P-×2の並びも実現…!
DSC_1312.jpg
何度も撮ってきた車両ですし、相変わらずと言ったところでしょうか。
しかし前回見たときよりも確実に傷みがひどくなっており、やはりあと数カ月で落ちてしまうのでしょうか…。
DSC_1351.jpg
DSC_1314_20121226180545.jpg
せっかくなので短区間ながら乗車しました、24年以上活躍していますが良い走りをしてくれますね。
DSC_1353.jpg
DSC_1358.jpg
さて、狙いのものはすべて乗れたので苫小牧を後にします。

…というわけで室蘭までやってきました。
元関東バスJP、105号が通過。
DSC_1359.jpg
フジタバスのこんな車両にも遭遇…、ブルリもいたんですね。
DSC_1360.jpg
この後は東町ターミナルに行き、営業所内のバスを撮影させていただきました。
快く撮影させていただいた職員の方々、ありがとうございました。
まずは元都営のエアロMです。エコツムリステッカーが残っているのは全国的に見ても非常に貴重ですね。
DSC_1362.jpg
DSC_1363.jpg
続いては狙いの車両、元関東バス3扉車ですー。
道南バスにはUD、ふそうがそれぞれ1台ずつ移籍しており、こちらの39号はUDですね。もう1台の元C2002(現89号)は稼働していたようで姿は見られず。
U-なだけに移籍した例と言うのも少ないですが、こちらは武蔵野営業所に所属していた3000番台車です。MT車の導入は少なかったようで、3000番台の車両もあまり多くは在籍していなかったようですが、現在も1台関東バスで生き残っていますね。
DSC_1364.jpg
DSC_1367.jpg
DSC_1374.jpg
DSC_1375_20121226180702.jpg
車内は前の方に2人掛け座席もある関東バスらしいタイプです。降車ボタンがオージWS-230なのは…もともとなんでしょうかね。
DSC_1370_20121226180704.jpg
参考までに関東バスの3扉車。こちらの車両はATですが、それ以外の仕様は特に変わりない…はずです。
314 (2)
続いて自社発注のレインボー、20号。
DSC_1369.jpg
元都営、76号。まだまだ現役のようですね。
DSC_1378.jpg
元京急、48号。臨港バスから似たような移籍車がいるだけに見分けがなかなかつかなかったり…、シートモケットを見れば一目瞭然ですね。
DSC_1382.jpg
元臨港バス、55号。
DSC_1383.jpg
元平和交通、65号。これは1回乗ってみたいですね。側面幕の位置がなんとも。
DSC_1384_20121226180738.jpg
同じブルリでもすべて元事業者が違う車両たちです。
DSC_1386_20121226180737.jpg
元東武バス、183号。道南バスはトップドア、前中扉、前中後扉、前後扉…なんでもありのようですね。
DSC_1388_20121226180736.jpg
元関東バスMBECSⅢ、59号。関東バスも多いですね、89号と同じくふそうの在籍が比較的多かった青梅街道の出身です。
DSC_1391.jpg
元都営バス、74号。道南バスの元都営も1回は乗ってみたいですね。
DSC_1394.jpg
補助ステップ付き、129号。
DSC_1399.jpg
中扉の注意書きが何とも…。
DSC_1397.jpg
元都営バス、77号。一番端にいただけになんかあまり稼働していないような雰囲気。
DSC_1401.jpg
都営、関東、自社発注、京急…。
DSC_1402.jpg
元関東バス、107号。7Eの大型ショートはいすゞとUDが移籍していますが、こちらはUDですね。
DSC_1404.jpg
自社発注のブルリ、179号。
DSC_1406.jpg
思ったより元都営も多く、ちょっと意外でしたー。
DSC_1408.jpg
最初は西武かと思いましたが、細部を見るとどうも違うようで…、京急あたりでしょうか?193号。
DSC_1409_20121226180845.jpg
幕車もなかなか稼働している姿を見かけなかったです、137号。
DSC_1410.jpg
DSC_1413.jpg
こちらは元西武の7Eワンステ、41号ですね。こんなのもいたとは…。
DSC_1421.jpg

この後はキハ143に乗りこんで札幌に戻ることにします。
運賃表はどこかで見覚えがあるような…、運転台のモニターもどこかで見たことがあるようなものを採用していたのには驚きでした。
DSC_1422.jpg

苫小牧での約10分の乗り換え時間を利用してターミナルに行くと…なんと89年式の7E+いすゞ、817号が稼働していました!
交通部末期~道南バス移譲後もこの代の車両が一般路線運用で稼働している姿はほとんど見たことがなく、本当に驚きでした。
交通部末期は錦西にいた車両は意外と稼働率が高かったのですが、交通部は全く稼働していませんでした…それだけに本当にこの日1番の驚きかも、というくらいでした。
DSC_1433_20121226180856.jpg

この後はロングシート車両に当たることなく札幌に戻りました。
次回あたりからは毎年恒例の記事になりそうです。

北の風に乗って企画~前後扉貸切ツアー~川沿営業所到着… - 2012.12.19 Wed

2918,2920車検通過記念…!ということで遅くなりましたが今回はこの記事です。

2012年8月19日、15:55。
横浜では横浜市営最後のブルリを使った『9-3656の廃車立ち会いツアー』で9-3656の廃車作業をしていたであろう頃、札幌でもじょうてつ前後扉車最後の生き残りである札幌22か2920を使った『北の風に乗って企画~前後扉貸切ツアー~』も最終目的地の川沿営業所に到着しました。

先に運用離脱となった2919の隣に2920が停車しました。
もう2度と見ることができないであろう並びですね…。
DSC_0420.jpg
この日は407がたまたま整備に入っており、稼働していませんでした。
なんとその407を整備庫の外に出してもらい、2920の隣に停めていただきました!
DSC_0362_20121219202021.jpg
2919,2920,407という前後扉車3台の貴重な並びが実現…!
ブルリやエアロMもまだ残っていたら…とは思いますが、Nエアロの並びも良いですね。
DSC_0353_20121219202023.jpg
DSC_0355_20121219202022.jpg
DSC_0354_20121219202023.jpg
この後は車内も見せていただきました。
まず最後まで生き残る前後扉車かと思われる407です。
DSC_0410_20121219202317.jpg
こちらは運転席。やはり407といえばATですよね、こんな仕様は当然ながらじょうてつでは異端な存在です。
DSC_0368.jpg
運賃箱の表示も…、運賃箱交換が行われてこの運賃箱も見ることができなくなりましたね。
DSC_0365.jpg
車内より。座席配置も自社発注車とは全く違います。座席も小さめですね。
DSC_0370.jpg
引戸、大きな側面幕と言うのも407の特徴です。
DSC_0371_20121219202047.jpg
続いてじょうてつのNエアロの中では真っ先に廃車となってしまった2919です。
結局2919は運賃箱も運賃表も新しいものに交換されることもありませんでした。
DSC_0358.jpg
廃車作業も進み、社名も消されています。
DSC_0363.jpg
こちらは運転席。メーター類も何もない状況…。
DSC_0404.jpg
車内より。一部座席が撤去され、無残な姿に…。
DSC_0406.jpg

この後は川沿営業所の見学をさせていただきました。
ずらっと並んでいます、いすゞとふそうの多さが目立ちますね。
DSC_0374.jpg
元東急バス1700番台車の札幌200か3111。
故障中だったようですが、約1カ月後に運賃箱交換が行われ上で復帰を確認しています。
DSC_0375_20121219202046.jpg
DSC_0376.jpg
1965,55,438。エルガツーステも貴重な存在ですね。
DSC_0377.jpg
元西武バス飯能営業所A5-262、札幌200か1829。このころは札幌200か1025も在籍していましたが、現在は川沿最後の元西武路線車となってしまいました。
DSC_0378.jpg
今年の新車、札幌200か3154,3156。いまだに製造されているふそうニューエアロスターですが、2920などと比べるとずいぶん印象も変わった気がします。
DSC_0379.jpg
DSC_0380.jpg
札幌200か54。旧型運賃箱搭載時代です。
DSC_0381.jpg
3060,2743,2837。3060は名古屋市営時代に高速道路経由の路線専属、2837は小田急バスでは3台しか導入されなかったNエアロツーステのうちの1台です。
DSC_0382_20121219202205.jpg
札幌200か3210。前後扉車を置き換えていったうちの1台です。
DSC_0383.jpg
1882,890,1837。KL-エルガはまだ個人的には好きな方ですね。
じょうてつでの新京成バスからの移籍はこの1800番台が初となります、1837は習志野新京成からの移籍ですが、1882も習志野でしょうかね。
DSC_0384.jpg
札幌200か2313。元小田急車にしては珍しく南55非対応運賃箱を搭載していました。
DSC_0385.jpg
こちらは貸切車たち。3196は美鉄時代のNO.107という社番が残っていますね。
DSC_0386.jpg
札幌200か2047,2056。これが今のところ最後の新京成からの移籍ですね。
DSC_0389_20121219202246.jpg
DSC_0388.jpg
札幌200か897。個人的にはめったに当たることのない1台です。
DSC_0391.jpg
元東急バス1800番台車の札幌200か3153。
東急バスで最後まで生き残った7EツーステであるNI1803もじょうてつに移籍し、札幌200か3147として活躍しています。
DSC_0392.jpg
札幌200か3213。名古屋市営で昨年度廃車になったうちの1台です。
DSC_0393.jpg
札幌200か1767。現在は側面に広告枠サイズ程度のラッピングが貼られ、先に落ちた1772の分もまだ活躍してくれそうです。
DSC_0396.jpg
札幌200か319。じょうてつ初のノンステップバス、元サンプルカーでサンプルカー時代の塗装が藻岩線専用カラーとして採用されたのも有名な話ですね。
あの塗装も好きだったものですが…。ちなみに日本バス協会のサイトにサンプルカー時代の319の画像も出ていたりします。
DSC_0398_20121219202242.jpg
DSC_0402_20121219202319.jpg
せっかくなので…ということで車内も。
こちらは運転席。まさしく初期のノンステですね。
DSC_0400_20121219202320.jpg
車内より。シートモケットは数年前に交換されました。
ちなみに間合い運用として去年の夏ダイヤで8系統運用に入ることもあり、数回乗車することもできました。特に混雑する路線では当然ながらかなり狭いですよね…。
DSC_0399.jpg

再び2920のもとに戻り、この企画も無事終了しました。
実行まではずいぶん長かったですが、楽しい時間はすぐ終わってしまいました。
DSC_0022_0.jpg

最後となりましたが、今回の記事をもって『北の風に乗って企画~前後扉貸切ツアー~』の特集記事は完結となります。
思えば5月から計画がスタートし、何か大きな企画をしたいと思い当ブログ5周年にあわせて8月に実施することができました。初の幹事もさせていただき、ご迷惑をおかけしましたが無事企画を終了させることができました。おかげさまで本当に貴重な体験をすることができました。
あれ以来、やはり2920はずっと忘れないような、特別な車両となった気がします。
しかし、じょうてつらしい仕様とも言える前後扉車・高出力・長尺という車両も札幌22か2918、2920の残り2台と言う状況です。
そしてあと数カ月程度の運命でしょうし、最後までぜひ頑張ってもらいたいものです。
前後扉車引退時には何かイベントとかもあればいいな、とは思ってもいるのですが…。
とにかく引退まで記録して行ければ、と思います。
何にせよ、こうして昔から見て、乗ってきたじょうてつの前後扉車を貸切ることができたこと、今年1番の良い思い出となりました。
改めて、この企画に携わっていただいた、じょうてつバス職員の方々、乗務員さん、参加者の方々、そして1日中走ってくれた2920、皆さん本当にどうもありがとうございました。
DSC_0311_0.jpg


北の風に乗って企画~前後扉車貸切ツアー~関連記事
【ご参加ありがとうございました】北の風に乗って企画~前後扉車貸切ツアー~
北の風に乗って企画~前後扉車貸切ツアー~レポート
北の風に乗って企画~前後扉貸切ツアー~札幌22か2920幕回し

札幌200か880LED更新 - 2012.12.14 Fri

そろそろ毎年恒例の記事を書く時期になってきましたね…、放置していた記事も今年中にできるだけ作っておこうと思います。
あと、コメントをかなりいただいており、ありがたい限りなのですが、いただいたコメントを拝見して気になった点がいくつかありましたので、一番上の記事『北の風に乗ってをご覧にあたって』にてコメントについての注意事項の追記をしました。
とりあえず最低限のルールだけは…ということです。もう1度ご確認の上、コメントを投稿していただくようお願いします。


さて、本題です。予想外すぎてかなりびっくりしました…。
じょうてつ藻岩営業所所属、札幌200か880が市営幕からLEDに更新されました。
93年式ということでそろそろ落ちるのかと思っていたのですが、LED更新が行われたということでまだ活躍できるでしょうか。
まだ数台LED更新車が出ると思いますし、おそらくJHBのようにLED車に統一するのかと思います。
幕のままであれば近いうちに廃車、LEDに更新されればまだ活躍できるということなのだろうと推測しています。
DSC_1260_0.jpg
880の画像がなかったので881の画像で代用します、こちらもLED更新になっている可能性が高いですね。
2552_20121214201811.jpg

画像が少ないのでもう2枚ほど…。
880,881は銀サッシの7Eで市営幕だったこともあり、未だに市営の89年式と見間違えるくらいでした。
89年式が全滅してからもう7年でしょうか。
2005_0930画像0123
市営幕の中にも貴重な幕が入っているわけで…、南81(豊平清掃事務所幕等)、南92(駒岡中区幕等)、南93(定山渓幕等)、環50などなどが入っていましたが、そんな市営幕も見納めになりそうです。
中央バスもJHBも市営幕をつけている車両は存在しませんし、本当に2847,2850の動きによっては市営幕搭載車が全滅になる日もそう遠くはなさそうです。
2006_0618画像0137 (2)

なお、札幌200か1279では運賃箱の更新も確認しましたし、こちらも相変わらずしばらく使うようなので一安心ですね。

最近の成果より~おかえり、2436~ - 2012.12.08 Sat

記事では紹介しなかったここ最近の成果を紹介します、本題はあの車両も撮ることができましたがそれは一番最後に…。

【じょうてつの車両動向】
川沿営業所:また新たな移籍車が稼働を開始しました。
札幌200か3311(元名古屋市営/日デ(KC-UA460LAN)2000年式)です。
(追記)最終配置:緑営業所 N-356(名古屋200か328)
無線番号は150なので前後扉車の置き換えではないのですが、無線が100番台と言うことは南55非対応車の代替になるのでしょうか。
なお、前後扉は冬ダイヤ改正以降も確認しています。

藻岩営業所:札幌22か3059の復帰を確認しました。
あと2847の塗装が微妙に変更となり、後部は通常塗装に戻されました。
先月より藻岩でもICカード対応の新型運賃箱に更新されており、やっと乗車することもできましたが、新型運賃箱でも整理券ボタンは健在で、川沿の新型運賃箱とは微妙に違っているようです。
(追記)札幌200か880のLED更新を確認しました。藻岩営業所での車両LED更新は2005年末~2006年頃以来となります。
古参車でもLED更新がされるとなると、もう全車LEDに統一されそうな気もします。

【11月末の成果】
2425貸切のちょうど1週間後に乗り回し、再び2425に乗車することができました!
この日は2658などにも乗車しましたが、やはりU-LV系は本当に台数が減りましたね…。
94年式唯一のキュービックとなった2425。先に落ちた車両達の分も頑張ってほしいですね。
DSC_1043_20121208200820.jpg

【12月の成果】
先週ですが、711系旧塗装編成×2の編成が走ったので久しぶりに撮りに行ってみました。
S-114の塗装が変わってからまだ撮ったこともなかったですし、旧塗装復活後初のオール旧塗装による6連だったので1回はどうしても撮りたいと思っていたわけです。
やはり同じ塗装による6連のほうがいいですね、この塗装も良いと思います。
そして学園都市線の高架区間を走る711系と言うのも違和感がありますね。
DSC_1057.jpg
DSC_1078_20121208200819.jpg
DSC_1080.jpg

最近撮った中央バスの中から2枚ほど。
まずは札幌22か2518。この日は貸切で稼働していたようです、貴重となったふそうのロマンス車ですね。
DSC_1096_1.jpg
あと元名古屋市営の札幌200か3304を撮影。名古屋市営時代は旧塗装に復元され有名だったS-575ですし、札幌に来る前から知っていた車両だけに札幌で第2の人生を歩んでいるのは嬉しい限りですね。
DSC_1117_0.jpg

【今日の成果】
東急ハンズで行われているバスグッズや降車ボタンを展示するというイベントが開かれたので行ってきました。
中に入って早々、ずらりと並ぶ降車ボタン…!
ここまで集められるというのもすごいですね、全国各地のバスイベントで展示されているようですが、札幌でも見られる日が来るとは…。
DSC_1228_20121208200918.jpg
DSC_1231.jpg
こちらは紐を引くことによって降車の合図を送るタイプのようですね。
DSC_1209_20121208204751.jpg
個人的には一番好きな降車ボタン、オージWS-230もずらりと。西東京バス仕様は旭川で乗りましたが、金色の降車ボタンは初見ですね。
DSC_1218.jpg
見慣れたタイプの降車ボタンですね。オージWS-261は見た記憶がないですが…。
DSC_1222_20121208200817.jpg
このあたりは比較的古いタイプなのであまり見慣れないタイプですね。
DSC_1224.jpg
DSC_1233.jpg
こちらも個人的には好きなオージWS-210。バリエーションが豊富ですね。
DSC_1226.jpg
東急ハンズの7階では北海道内のバス事業者によるグッズ販売などが行われていました。
…さて、あらゆるところで2次元の世界を用いることで有名な(?)沿岸バスではこんなものの展示も…。はたしてこれはバスのイベントなのか…(^^;)
DSC_1236_20121208200915.jpg
DSC_1237_0.jpg
DSC_1238_0.jpg

この後は、引退もそう遠くない気がする札幌200か11を撮影。側面もかなり傷みが出てきてますね。
DSC_1240_20121208201013.jpg
JHB琴似に配属された新車も撮影することができました、無線番号は80なので代替は札幌200か1682(528-3304)のようです。
登録番号:札幌200か3353
社番:531-2956
型式:QKG-LV234Q3(推測)
DSC_1245.jpg

そしてこの後はどうしても撮りたくてたまらない、あの車両を狙います…!
平岡営業所に向かう途中にすれ違い、運よく乗車できました、札幌22か2436(U-HU2MPAA+富士重工7E/1994年式)です!
1994年9月に南郷営業所西岡車庫に新製配置、2009年9月に新川営業所へ転属し、主に薬科大シャトル運用に入っていました。
その後、2012年4月より千歳営業所へ転属し、40コマ運賃表を搭載しながらも教習車専属として活躍。
そして今週月曜あたりから平岡営業所にて運用を開始しました。
DSC_1251_20121208201012.jpg
DSC_1254_20121208201011.jpg
西岡営業所時代からお世話になっていた車両で、今の西岡では1台もいない7Eでしたし、思い入れもある好きな車両だったので、西岡復帰ではないものの再び札幌南部の営業所に戻ってきてくれたのは嬉しい限りです。
2437も同じですが、新川時代から稼働率も低く、2436は一般の乗客を乗せるのは約半年ぶりです。
あまり使っていない分、走行距離も他の同年式の車両と比べて短いでしょうし、車内もきれいな印象を受けたので同年代の車両が廃車になる中、ぜひとも少しでも長く活躍してくれればいいのですがね…。
平岡だと真104,105の幕も入っているでしょうし、幕回し中に見れれば本当に西岡時代に近い姿を見れそうですね。
相方の2437は平岡営業所にいる様子もなく、どうなっているか分からないので気になるところです。
なお、2436は新型24コマ運賃表を搭載し、新たに後部の広告枠も追加されているかと思います、コメントでもいただいている通りこれによる置き換えはなさそうなので、機器類も新品と言うことでしょうか。
…しかし今では貴重となった日野+富士重工の2436にまた乗れるというのは嬉しいですね、本当に大好きな車両ですので今後の活躍も期待したいところです。

参考までに西岡時代と新川時代。
079 (5)
373.jpg
370.jpg
075_20121208200729.jpg
071_20121208200730.jpg

2012年12月ダイヤ改正、西岡の冬季対策車 - 2012.12.03 Mon

さて、ダイヤ改正となり、いよいよ冬季対策車も稼働を開始しました。
各営業所、どうなっているか気になるところではあるのですが、身近な西岡営業所での冬季対策車を捕らえることができました!

今回の冬季対策車は札幌22か2220と札幌22か2748(推測)です。
今年の夏ダイヤ期間中の時点では2219が冬季対策車扱いとなっていましたが、3316に置き換えられ2219が廃車、代わりに2220が冬季対策車になりました。
おそらく去年と同じく2748も札幌東から冬ダイヤ期間中のみ転属し、朝の月82を中心とした運用に入っているものと予想しています。
去年は1832を置き換えとして1832の機器をつけて走っていましたが、今年はどうなのでしょうかね。
2748についていた機器か2218についていた機器のどちらかは、新しい車両に移設されずに残っているはずなのでそれを搭載するのではないかと思います。
毎年、夏ダイヤ期間中は冬季対策車が2台用意されていましたが(去年の場合は1832(ただし冬ダイヤ改正直前に2748に置き換えられ廃車)、1004)、今年は1台のみしか用意されていませんでした。
冬季対策車は夏ダイヤ期間中は予備車として活躍していますが、今年はその冬季対策車が2220の1台のみだったので比較的2220も教習車を中心に稼働していました。

…とはいえ、乗客を乗せて走るのは久しぶりですし、もう先は長くないと思いますが、自社発注車ではもう唯一ではないかと言うほど貴重な存在となった93年式として頑張ってもらいたいですね。
西岡唯一となった93年式として、そして90年代前半の中央バスの特徴を残している車両として、いつまでも走り続けてほしいですね…。
実際に乗ってみると少し懐かしい印象を持ちました、やはり昔から見慣れているバスが一番ですね。
西岡にはハイブリッドなども入らなかったので、しばらくは車両の動きがないと思うのですが、無事冬ダイヤ終了まで走ってくれるか不安なところです。長くてもあと半年以下の運命でしょうね…。

普通の写真じゃ面白くないですし、せっかくなので走行写真を撮ろうと思い、良さそうな場所を考えた結果、以前から撮ってみたいと思っていた場所へ行ってみることに。
結果としては被られそうになり焦ったのでこんな結果に…バスの走行写真って難しいですね。
DSC_1196_0.jpg
DSC_1201_0.jpg
運よく乗車することもできました、このシートモケット…やっぱり中央バスらしいシートモケットの一つだと思います。
このシートモケットを搭載している車両もあとどのくらい残っているのか…。
1354503959268[1]
参考までに冬季対策落ちになる前の2220。
DSC_1007_0.jpg

おまけとして2220待ちの間に通過した北都交通でも。
DSC_1183_0.jpg

【中央バス】平成24年冬ダイヤ改正の様子 - 2012.12.01 Sat

多数のコメントありがとうございます、コメント返信は少々お待ちください。

さて、いよいよ冬ダイヤ改正となりました。
というわけで冬ダイヤ改正関連でいくつか紹介していきたいと思います。
それ以外の成果もあるのですが、それはまた後日…。

【路線関連】
広島線が今回の改正より札幌ターミナル始発から札幌駅前始発となりました。
こちらは北広島東部中学校行き、札幌駅始発は休日のみ1日1本の設定です。
DSC_1098_0.jpg
こちらは札幌駅行きです、札幌駅前という文字がずいぶん太字で違和感がありますね。
DSC_1121_0.jpg

【古参車・冬季対策車関連】
ダイヤ改正後もまだ現役で走っている古参車を紹介していきますね。
まず石狩の札幌22か2701。石狩では2701と同年式の95年式で冬季対策車が出ていたようですが、いよいよ冬季対策車も稼働開始ですね。
各営業所冬季対策車の稼働が楽しみなところ…ですが、最近の新車や移籍車によって落ちてしまった冬季対策車もいるでしょうし、そのあたりは残念ですね。
DSC_1088_0.jpg
あとこちらもまだ現役な大曲の札幌22か2283。
DSC_1104_0.jpg
DSC_1105_0.jpg
毎年おなじみの冬季貸出しとなる散策バスの撮影もできました。
今年も西岡には2748が来ているのか気になるところですね、ラッシュ時程度しか稼働しないだろうとは思いますが…。
DSC_1124_0.jpg

【移籍車・新車関連】
11月末にまたナンバーがかなり進み、移籍車も増え、車両代替が進んだようです。
こちらは新川に配属された元名古屋市営の札幌200か3348(日デ/一般路線仕様)です。
もうそろそろ名古屋市営の在庫も尽きてくる頃だとは思うのですが…。
DSC_1084_0.jpg
そして最後にメインです(^^;)
平岡に配属された新車、札幌200か3343を撮影することができました、代替は札幌22か2446あたりになるのでしょうかね…。
今年は結局2月(路線車/日野・いすゞ)、3月(路線車・高速車/日野・ふそう・いすゞ)、6月(高速車/日野・ふそう・いすゞ)、11月(路線車/日野)の4回に渡って新車が導入されたことになります、こんなに入るのも久しぶりですよね。
そして今回導入された新車は、2010年4月以来の日野ブルーリボンシティハイブリッドで、今までは2008年の洞爺湖サミットを意識した塗装だったものの、今回はやっと現行塗装で導入されました。
また、2012年5月より発売となったLNG-規制車は道内初導入…でしょうかね。
中央バスのブルーリボンシティハイブリッドで10穴ホイールは初めてですし、そのあたりも違和感がありますね。
DSC_1127_0.jpg
DSC_1149_0.jpg
DSC_1130_0.jpg
DSC_1137_0.jpg
正面から見ると1793レベルな塗装の違和感…。
DSC_1146_0.jpg
ハイブリッドの文字とこの塗装の組み合わせは新鮮ですね。
DSC_1151_1.jpg
側面にもハイブリッドの文字が…。
DSC_1152_0.jpg
DSC_1138_0.jpg
偶然ながらハイブリッド車が並びました、やっぱりハイブリッド専用塗装のほうが良いような気が…。
結局塗装更新されたら全部現行塗装になりそうな気もするのですがね。
DSC_1153_0.jpg
この後実際に乗車してみましたが、シートモケットが通気性タイプから通常タイプのシートモケットになりました。路線車で通気性タイプではないシートモケットが採用されたのは2009年秋の新車以来です。
シートモケットはおそらく『キサラブルー』で、中央バスでは採用例がないシートモケットとなります。
他にもドアが閉まる時、『ピンポン、ドアが閉まります、ピンポン、ピンポン』と言った案内に変わっていました。
あとは特に大きな変化はないかと思います。
…ちなみに渋滞と混雑の影響で札幌駅~月寒中央駅間の所要時間が45分以上でした…こんなに時間がかかったのは初めてですね。

【新車詳細】
車種:日野ブルーリボンシティハイブリッド
型式:LNG-HU8JMGP
導入:2012年11月

久しぶりに面白い新車が入ったのはよかったですが、落ちていく車両も増えていくのは本当に残念な話です。
また移籍車や新車がどこに配属されるのかも気になるところですね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

画像が変わるプロフィール

OTB@北斗15号のプロフィール

Author:OTB@北斗15号
FC2ブログへようこそ!
中央バス西岡営業所の車両をよく見ながら生活している学生です。
たまに一眼レフを持って出かけたり…。
鉄道、バス、アニメetc...に興味を持ってます。
年齢はバスのナンバーで言えば札幌22か2400番台、721系F1009編成の製造1週間くらい前、東豊線福住延伸ちょうど1か月前。

『北の風に乗って』は、北海道の地から風のように颯爽と走り去る、引退して風のように吹き去っていく、そんなバスや鉄道に乗って、それを紹介したい思ったのが由来です。

plugin by F.B

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter@s22k1845

QRコード

QR

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
644位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
136位
アクセスランキングを見る>>

kitaca

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる