topimage

2015-06

2015.春~東北のバス~ - 2015.06.30 Tue

今回は東北各県のバス動向を中心に、春に2回ほど訪れた際に撮ったバスを紹介していきます。
次回以降で、新潟と関東についての記事も書いていく予定です。

青森県
●弘南バス
・大型車
現在、弘南バスが所有する大型路線車は、東武バス、相鉄バス、横浜市交通局からの移籍車のみで、稼働率も低い状態です。
また、その半数以上がP-で、弘前営業所を訪れた際も全車両稼動していない状態でした。
【青森200か152/元横浜市交通局】
DSC_0068_R.jpg
DSC_0089_R_20150629231432f75.jpg
【青森200か163/元横浜市交通局】
DSC_0098_R_20150629231311a4d.jpg
DSC_0078_R.jpg
【青森200か306/元東武バス】
いすゞのワンステップ車(U-LV324L)で、弘南バスの大型路線車の中では一番新しい車両です。
道内でも東武バスから同型車がフジタバスに流れました。
DSC_0108_R_20150629231310f76.jpg

・中型車
新車も導入されており、数年前は何度も見かけていた旧塗装車も見かけることができず、P-自体もほとんど見かけることがありませんでした。
U-ではあるものの、まだ稀に6Eの姿を見かけることもできます。
【青森22か709】
DSC_0037_R.jpg
【青森22か904】
DSC_0042_R_2015062923122386e.jpg
【青森200か302/元箱根登山バス】
箱根登山バスから移籍した車両です、以前は箱根登山バスからの移籍車をよく見かけましたが、今回はこの1台しか見ることができませんでした。1991年式のため、型式はU-LR332Jです。
DSC_0124_R.jpg
【青森200か740】
DSC_0034_R_20150629231225d7b.jpg
【青森200か824】
2013年の新車です、このあたりが最新の車両ではないかと思います。
DSC_0052_R_20150629231222de9.jpg

・貸切車
こちらも新車が導入されており、一般の高速バスの運用に充当される車両もいるようです。
【青森200か802】
DSC_0058_R_20150629231351820.jpg

岩手県
●岩手県交通
・元国際興業バス
国際興業グループであるため、もともと国際興業バスからの移籍車が流れてきていますが、最近ではエルガ/エルガミオも流れてきています。
以下の2台は、最後のほうまで国際興業本体に在籍していた飯能営業所に在籍していたキュービック(KC-LV380L)で、最近になって岩手県交通に流れてきた車両です。
【岩手200か1910】
DSC_0498_R.jpg
【岩手200か1935】
DSC_0097_R_2015062923143047d.jpg

・その他移籍車
最近では、グループ以外の事業者からの移籍車も多く流れてきています。
今までいすゞメインでしたが、メーカー問わず様々な事業者からの移籍車が流れてくるようになりました。
最近では再び東京都交通局からの移籍車や相鉄バスなどからの移籍車も流れてきているようです。
【岩手200か1305/元国際十王交通】
DSC_0476_R.jpg
【岩手200か1415/元横浜市交通局】
CSC_0539_R.jpg
DSC_0537_R_20150629231610f5d.jpg
【岩手200か1446/元西武バス】
DSC_0500_R_201506292316136b1.jpg
【岩手200か1663/元東京都交通局】
DSC_0101_R.jpg
【岩手200か1700/元千葉中央バス】
DSC_0483_R_201507041039331c9.jpg
【岩手200か1767/元神奈川中央交通】
ごく少数しか在籍していなかった神奈中のブルーリボン(KC-HT2MMCA)も岩手県交通に移籍しています。
DSC_0084_R.jpg
【岩手200か1812/元立川バス】
DSC_0098_1_R.jpg
【岩手200か1828/元神奈川中央交通】
神奈中らしい仕様のエアロスターですが、この車両は蓄圧式ハイブリッド(MBECSⅢ/KL-MP337M)で、神奈中時代は藤沢営業所にいた車両のようです。
DSC_0466_R.jpg
【岩手200か1833/元西武バス】
DSC_0478_R.jpg
【岩手200か1862/元立川バス】
DSC_0513_R.jpg
【盛岡200か26/元神奈川中央交通】
最近移籍して来たエアロスター(KL-MP33JM)、盛岡ナンバーの車両です。
DSC_0092_R.jpg

●岩手県北バス
・移籍車
中型ロングや大型ショートの移籍車も導入されており、中でも京王バスからの移籍車を多く見かけました。
【岩手200か1708/元京王バス】
中型車も少数ながら在籍しているようで、エアロミディはこの車両のみなようです。
DSC_0074_R.jpg
【岩手200か1748/元京王バス】
HRが多いですが、JPも在籍しています。
DSC_0069_R.jpg
【岩手200か1875/元京急バス】
京急バスからの大型車も移籍していますが、新7E(KL-UA452MAN)はこの車両が唯一のようです。
DSC_0061_R_201506292313506b8.jpg
【岩手200か1883、1897/元京王バス】
全国的にもかなりの台数が移籍している京王バスからのHR、岩手県北バスにもかなりの台数が移籍しています。
HR自体は元西東京バスの車両も目撃していますが、盛岡近辺で見ることができるHRは京王バスのみのようです。
DSC_0065_R.jpg
【岩手200か1895/元京王バス】
DSC_0473_R.jpg
【岩手200か1900/元京王バス】
DSC_0073_R_20150629231347d64.jpg
【岩手200か1950/元京急バス】
八幡平市のコミュニティバスで使用されているエルガ大型ショート(KL-LT233J2)です。移籍当初は一般路線に使用されていたようです。
DSC_0050_R.jpg
【岩手200か1970、1976/元京急バス】
こちらは一般路線に使用されるエルガ大型ショート(KL-LT233J2)で、同型車はこの3台のみのようです。
DSC_0512_R.jpg
DSC_0509_R.jpg

・その他
八幡平営業所にはボンネットバスも在籍しています。再登録されていないため、“岩2”ナンバーでの登録のままとなっています。
【岩2く6111】
DSC_0053_R_20150629231307d84.jpg

秋田県
●秋田中央交通
・自社発注車
最近入った車両は台数が少ないものの、現在でも移籍車メインの中、若干数の自社発注車も導入されているようです。
【秋田200か1086】
DSC_0140_R_20150629231647966.jpg

・元小田急バス
小田急バスからの移籍車が多く、最近流れてきたエルガ/エルガミオだけでなく、古参の6E(U-LR332J)なども健在です。
【秋田200か595】
DSC_0146_R.jpg
【秋田200か835】
DSC_0163_R.jpg
【秋田200か870】
中扉がグライドなのが特徴的な車両、今回見かけたのはエルガミオだけでしたが、エルガもまとまった台数が移籍しているようです。
DSC_0144_R_2015062923164585c.jpg

・その他移籍車
行灯や青窓が特徴の秋田市交通局からの移譲車や淡路交通、神奈川中央交通からの移籍車を見ることができました。
【秋田22い356/元秋田市交通局】
DSC_0161_R.jpg
【秋田22い357/元秋田市交通局】
DSC_0138_R.jpg
【秋田200か233/元淡路交通】
DSC_0143_R.jpg
【秋田200か252/元淡路交通】
DSC_0129_R.jpg
【秋田200か759/元神奈川中央交通】
DSC_0145_R.jpg

●羽後交通
・元東京都交通局
湯沢営業所では、元東京都交通局の車両がまだまだ数多く在籍し、全国的にも残り少ない型式の車両もいます。
その他、U-初期の車両も複数台移籍しています。
【秋田200か78】
全国的にも残り少ない5E(P-U32K)です。まだ活躍している緑ナンバーの5Eとしてはこの車両が最北でしょうか。
引退の噂が流れているようなので、いつまで活躍できるでしょうか…。
DSC_0225_R.jpg
DSC_0221_R.jpg
DSC_0199_1_R.jpg
車内より。東京都交通局時代のままの青色モケットで、運賃表は搭載されていません。
DSC_0198_R.jpg
【秋田200か135】
レインボー(P-RJ172BA)で、1つ目のレインボーは羽後交通ではこの車両がラストのようです。
DSC_0172_R.jpg
【秋田200か301】
DSC_0188_R_20150629231808354.jpg
【秋田200か423】
DSC_0181_R_20150629231724bd8.jpg
【秋田200か561】
DSC_0182_R_20150629231723cb9.jpg

・その他移籍車
東京都交通局の車両が流れなくなってからはそれ以外の移籍車が流れ、最近では大型車ではなく、7m車など短めの車両が流れてきているようです。
【秋田200か687/元川崎鶴見臨港バス】
5Eも流れてきており未だに現役の車両もいます。その後も7Eが流れてきており、それがこの車両です。
DSC_0187_1_R.jpg
【秋田200か886/元西東京バス】
DSC_0193_1_R.jpg

宮城県
●仙台市交通局
・自社発注車
現在、U-初期の車両が古参車両となっており、4メーカーの車両がだいたい均等な割合で残っているようです。
地下鉄東西線開業も迫り、古参車両が一気に姿を消すものと思われます。U-自体も高頻度でやって来ますが、近い将来その姿も見れなくなりそうですね…。
【宮城22か5729】
残り少ない1991年式の車両、この代が最古参車のようです。
DSC_0459_R.jpg
【宮城22か5933】
残り少ないエアロスターK(U-MP618M)、そろそろ全滅も近いでしょうか。ヘッドライトは角目が採用されています。
DSC_0363_R.jpg
【宮城200か5971】
DSC_0351_R_201506292324112ea.jpg
【仙台230あ6316】
1994年導入のリフト付きの車両で、仙台市交通局のリフト付き車両はこの時導入された車両のみしか残っていないようです。
リフトは前扉についており、そのため前扉部分のスペースが若干広くなっています。
DSC_0334_R.jpg
【仙台230あ205】
全国的に導入例が少ない東武顔キュービックです。
DSC_0429_R_20150629232524144.jpg

・移籍車
震災以降、新車と並行して移籍車も流れてくるようになりました。
横浜市交通局からの移籍車が大半を占めており、最近ではブルーリボンシティ(KL-HU2PMEE)が多く流れてきています。
【仙台230あ9903】
1999年度導入のキュービック(KC-LV832L)です。元横浜市営の車両が流れてきたのはこの時が初となります。
ちなみに同型車は元大阪市交通局の車両も流れてきています。
DSC_0433_R.jpg
【仙台230あ95】
現在も流れてきており、まとまった台数が在籍するブルーリボンシティ(KL-HU2PMEE)です。
2000年度~2002年度導入車が流れてきており、ナンバーが90番台だと2000年度、100番台だと2001年度、200番台だと2002年度導入の車両に分かれています。
DSC_0385_R.jpg
【仙台230あ96】
DSC_0431_R_20150629232554ced.jpg
【仙台230あ97】
DSC_0424_R_201506292325266a9.jpg
【仙台230あ98】
DSC_0448_R_2015062923255139a.jpg
【仙台230あ101】
DSC_0371_R.jpg

●宮城交通
・自社発注車
移籍車と並行して新車も導入されており、新型エアロスター(QKG-MP38FM)もまとまった台数が入っています。
【仙台200か536】
DSC_0416_R_20150629232527448.jpg
【宮城200か2465】
DSC_0396_R.jpg

・移籍車
震災支援で元東京都交通局の車両が流れて来ましたが、その後はKL-の移籍車も流れてくるようになりました。
名鉄バスからのグループ間移籍も継続されていますが、最近はほとんどが中型車のようです。
【仙台200か308/元東京都交通局】
震災支援で流れてきた車両で、東京都交通局から都市新バス仕様のブルーリボン(KC-HU2MLCA)はまとまった台数が流れています。
DSC_0329_R_201506292324130d6.jpg
【仙台200か329/元東京都交通局】
DSC_0388_R.jpg
【仙台200か344/元東京都交通局】
エアロスターノンステップ(KC-MP747K)も少数ながら宮城交通にも流れてきています。
DSC_0322_R.jpg
【仙台200か426/元名古屋市交通局】
2000年式のエアロスター(KC-MP717M)で、道内に流れてきた同型車はすべて基幹バス仕様ですが、この車両はもともと一般路線仕様だった車両のようです。
DSC_0425_R.jpg
【仙台200か467/元名鉄バス】
グループ間移籍してきたエアロスター(KL-MP35JM)、名鉄バス塗装のまま稼働しています。
名鉄バスから流れてきたKL-大型車はこの車両が唯一の存在のようです。
DSC_0308_R_20150629232414e8a.jpg
【宮城200か2374/元京急バス】
DSC_0320_R.jpg

●ミヤコーバス
震災の影響が特に大きかったエリアに路線を持つミヤコーバスでは、震災支援で流れてきた車両も未だに一部が元事業者の塗装のまま走っている姿を見ることができます。
【宮城200か2029/元東京都交通局】
こちらもまとまった台数が流れてきたレインボー(KC-RJ1JJCK)、未だ東京都交通局時代の塗装のままの車両も確認しています。
DSC_0354_R.jpg
【宮城200か2073/元東京都交通局】
DSC_0365_R_20150629232449d9f.jpg
【宮城200か2144/元神姫バス】
震災支援で流れてきた車両の中では一番新しい車両のレインボー(KK-HR1JKEE)です。
見ての通り神姫バス時代の塗装のままで、車番すらも消されずにそのまま残っています。
DSC_0361_R_2015062923245130a.jpg

山形県
●山交バス
・大型ショート
大型ショート車の導入台数が多く、現在も旧塗装を纏ったU-初期の車両からKL-初期の車両まで、4メーカーすべての車両を見ることができます。
【山形22あ1394】
DSC_0236_R.jpg
【山形22あ1469】
DSC_0247_R_2015062923213356a.jpg
DSC_0249_R_201506292321327bb.jpg
【山形200か26】
DSC_0240_R.jpg

・大型車
大型ショートや中型車に混じりながら活躍する大型車、台数こそあまり多くはないものの、新しめの車両も在籍しています。
【山形22あ1532】
DSC_0224_R_20150629232112294.jpg
【山形22あ1562】
DSC_0242_R.jpg
【山形200か303】
DSC_0227_R.jpg
【山形200か332】
DSC_0220_R.jpg

福島県
●福島交通
・自社発注車
最近は中型新車も導入されていますが、エアロスターの前後扉車が主力車両として活躍しています。
【福島22か2086】
DSC_0209_R_201506292320138a2.jpg
【福島22か2268】
DSC_0189_R.jpg
【福島22か2468】
DSC_0210_R.jpg
【福島22か2536】
DSC_0202_R.jpg
【福島200か1662】
最近導入されたエアロミディ(TKG-MK27FH)で、台数もあまり多くはいないようです。
DSC_0199_R.jpg
【いわき200か507】
DSC_0187_R.jpg

・移籍車
自社発注車のほとんどはふそうですが、ここ数年で移籍車が多く流れるようになってからはメーカー問わず導入されています。
【福島200か1259/元東武バス】
DSC_0178_R.jpg
【福島200か1292/元川崎鶴見臨港バス】
DSC_0204_R_20150629232015f6c.jpg
【福島200か1373/元京王バス】
DSC_0183_R.jpg
【福島200か1388/元川崎市交通局】
DSC_0180_R_20150629231854748.jpg
【福島200か1421/元東武バス】
DSC_0192_R.jpg
DSC_0193_R.jpg
【福島200か1458/元川崎鶴見臨港バス】
DSC_0197_R.jpg
【福島200か1520/元東急バス】
DSC_0185_R.jpg
【福島200か1592/元京王バス】
DSC_0200_R.jpg
【福島200か1613/元京王バス】
DSC_0207_R.jpg
【福島200か1638/元京王バス】
DSC_0196_R.jpg
スポンサーサイト

2015.6じょうてつ車両動向など - 2015.06.12 Fri

リンク1件追加しました。
ばす・れいる”というサイトで、名古屋のバスを中心とした車両の画像や走行音を公開しているサイトです。札幌に移籍して来た車両の名古屋市営バス時代の画像を見ることもできます。


●札幌22か2997
先日千歳に行った際、札幌22か2997を見ることができました。
早いもので江別営業所から千歳営業所に転属して2か月が経ちました。
DSC_0780_R_201506122255361ab.jpg


●北海道新幹線ラッピングバス
今月から道内9都市で北海道新幹線ラッピングバスが運行開始となりました。
札幌近辺だと、JHB(札幌)では札幌22か2852、札幌200か1479、中央バス(小樽)では札幌200か3868にラッピングが施されています。
DSC_0765_R.jpg


●じょうてつ川沿営業所
川沿営業所に配属された新車、札幌200か4023を確認することができました。
じょうてつ初の新型エアロスターで、自社発注車では札幌200か629以来となる標準尺が採用されています。(今年導入された日野・いすゞも標準尺が採用)
ちなみに2014年8月に中央バス、2014年12月・2015年2月にJHBがそれぞれ新型エアロスターを導入しているため、札幌市内のバス事業者ではこれが3例目となります。
DSC_0794_R.jpg
【車両詳細】
登録番号:札幌200か4023
車種/型式:ふそうエアロスター/QKG-MP35FM
配属:じょうてつ川沿営業所
無線:154
代替:札幌200か367

ちなみに車両代替が進み、KC-の自社発注車は、
日野ブルーリボン/KC-HU3KPCA:札幌200か220、221、358
ふそうエアロスター/KC-MP717PT:札幌200か223、224
以上、残り5台となりました。

新車と藻岩営業所からの転属車両で2000年式も一気に3台が引退しています。
33636.jpg
064_R_201506122300057c1.jpg


●じょうてつ藻岩営業所
2003年4月、札幌市交通局藻岩営業所がじょうてつに委譲され、じょうてつ藻岩営業所として再スタートしました。
当初ほとんどの車両が札幌市交通局からの委譲車両でしたが、新車や移籍車の導入によって札幌市交通局からの委譲車は台数を減らしていきました。

”に89、い89”(P-UA33N、P-LV214N)
34027 - コピー
”ひ90”(U-HU2MPAA)
34757.jpg
”ふ91”(U-MP618N)
34033.jpg
”に93”(U-UA440NAN)
34799.jpg
”い94”(U-LV224N)
34025.jpg
”に95”(U-UA440NAN)
7638.jpg
”ひ96”(KC-HU2MPCA)
34560.jpg
”ふ97”(KC-MP717P改)
34756.jpg
”い98”(LV832N)
34537.jpg
”い99”(KC-LV832N)
15248_R.jpg

札幌市交通局藻岩営業所がなくなってから12年が過ぎました。
藻岩営業所にも新型エアロスターが入り、ついに札幌市交通局からの委譲車両が全滅となりました。
最後まで残った札幌22か3059は、札幌200か4033に置き換えられる形で引退となりました。
083_R_201506122254533b5.jpg
札幌市営バスが走っていた、当たり前の光景がつい最近のことのように思えてきます。今までありがとう、お世話になりました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

画像が変わるプロフィール

OTB@北斗15号のプロフィール

Author:OTB@北斗15号
FC2ブログへようこそ!
中央バス西岡営業所の車両をよく見ながら生活している学生です。
たまに一眼レフを持って出かけたり…。
鉄道、バス、アニメetc...に興味を持ってます。
年齢はバスのナンバーで言えば札幌22か2400番台、721系F1009編成の製造1週間くらい前、東豊線福住延伸ちょうど1か月前。

『北の風に乗って』は、北海道の地から風のように颯爽と走り去る、引退して風のように吹き去っていく、そんなバスや鉄道に乗って、それを紹介したい思ったのが由来です。

plugin by F.B

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter@s22k1845

QRコード

QR

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
846位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
187位
アクセスランキングを見る>>

kitaca

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる