topimage

2017-07

北の風に乗って企画~前後扉貸切ツアー~川沿営業所到着… - 2012.12.19 Wed

2918,2920車検通過記念…!ということで遅くなりましたが今回はこの記事です。

2012年8月19日、15:55。
横浜では横浜市営最後のブルリを使った『9-3656の廃車立ち会いツアー』で9-3656の廃車作業をしていたであろう頃、札幌でもじょうてつ前後扉車最後の生き残りである札幌22か2920を使った『北の風に乗って企画~前後扉貸切ツアー~』も最終目的地の川沿営業所に到着しました。

先に運用離脱となった2919の隣に2920が停車しました。
もう2度と見ることができないであろう並びですね…。
DSC_0420.jpg
この日は407がたまたま整備に入っており、稼働していませんでした。
なんとその407を整備庫の外に出してもらい、2920の隣に停めていただきました!
DSC_0362_20121219202021.jpg
2919,2920,407という前後扉車3台の貴重な並びが実現…!
ブルリやエアロMもまだ残っていたら…とは思いますが、Nエアロの並びも良いですね。
DSC_0353_20121219202023.jpg
DSC_0355_20121219202022.jpg
DSC_0354_20121219202023.jpg
この後は車内も見せていただきました。
まず最後まで生き残る前後扉車かと思われる407です。
DSC_0410_20121219202317.jpg
こちらは運転席。やはり407といえばATですよね、こんな仕様は当然ながらじょうてつでは異端な存在です。
DSC_0368.jpg
運賃箱の表示も…、運賃箱交換が行われてこの運賃箱も見ることができなくなりましたね。
DSC_0365.jpg
車内より。座席配置も自社発注車とは全く違います。座席も小さめですね。
DSC_0370.jpg
引戸、大きな側面幕と言うのも407の特徴です。
DSC_0371_20121219202047.jpg
続いてじょうてつのNエアロの中では真っ先に廃車となってしまった2919です。
結局2919は運賃箱も運賃表も新しいものに交換されることもありませんでした。
DSC_0358.jpg
廃車作業も進み、社名も消されています。
DSC_0363.jpg
こちらは運転席。メーター類も何もない状況…。
DSC_0404.jpg
車内より。一部座席が撤去され、無残な姿に…。
DSC_0406.jpg

この後は川沿営業所の見学をさせていただきました。
ずらっと並んでいます、いすゞとふそうの多さが目立ちますね。
DSC_0374.jpg
元東急バス1700番台車の札幌200か3111。
故障中だったようですが、約1カ月後に運賃箱交換が行われ上で復帰を確認しています。
DSC_0375_20121219202046.jpg
DSC_0376.jpg
1965,55,438。エルガツーステも貴重な存在ですね。
DSC_0377.jpg
元西武バス飯能営業所A5-262、札幌200か1829。このころは札幌200か1025も在籍していましたが、現在は川沿最後の元西武路線車となってしまいました。
DSC_0378.jpg
今年の新車、札幌200か3154,3156。いまだに製造されているふそうニューエアロスターですが、2920などと比べるとずいぶん印象も変わった気がします。
DSC_0379.jpg
DSC_0380.jpg
札幌200か54。旧型運賃箱搭載時代です。
DSC_0381.jpg
3060,2743,2837。3060は名古屋市営時代に高速道路経由の路線専属、2837は小田急バスでは3台しか導入されなかったNエアロツーステのうちの1台です。
DSC_0382_20121219202205.jpg
札幌200か3210。前後扉車を置き換えていったうちの1台です。
DSC_0383.jpg
1882,890,1837。KL-エルガはまだ個人的には好きな方ですね。
じょうてつでの新京成バスからの移籍はこの1800番台が初となります、1837は習志野新京成からの移籍ですが、1882も習志野でしょうかね。
DSC_0384.jpg
札幌200か2313。元小田急車にしては珍しく南55非対応運賃箱を搭載していました。
DSC_0385.jpg
こちらは貸切車たち。3196は美鉄時代のNO.107という社番が残っていますね。
DSC_0386.jpg
札幌200か2047,2056。これが今のところ最後の新京成からの移籍ですね。
DSC_0389_20121219202246.jpg
DSC_0388.jpg
札幌200か897。個人的にはめったに当たることのない1台です。
DSC_0391.jpg
元東急バス1800番台車の札幌200か3153。
東急バスで最後まで生き残った7EツーステであるNI1803もじょうてつに移籍し、札幌200か3147として活躍しています。
DSC_0392.jpg
札幌200か3213。名古屋市営で昨年度廃車になったうちの1台です。
DSC_0393.jpg
札幌200か1767。現在は側面に広告枠サイズ程度のラッピングが貼られ、先に落ちた1772の分もまだ活躍してくれそうです。
DSC_0396.jpg
札幌200か319。じょうてつ初のノンステップバス、元サンプルカーでサンプルカー時代の塗装が藻岩線専用カラーとして採用されたのも有名な話ですね。
あの塗装も好きだったものですが…。ちなみに日本バス協会のサイトにサンプルカー時代の319の画像も出ていたりします。
DSC_0398_20121219202242.jpg
DSC_0402_20121219202319.jpg
せっかくなので…ということで車内も。
こちらは運転席。まさしく初期のノンステですね。
DSC_0400_20121219202320.jpg
車内より。シートモケットは数年前に交換されました。
ちなみに間合い運用として去年の夏ダイヤで8系統運用に入ることもあり、数回乗車することもできました。特に混雑する路線では当然ながらかなり狭いですよね…。
DSC_0399.jpg

再び2920のもとに戻り、この企画も無事終了しました。
実行まではずいぶん長かったですが、楽しい時間はすぐ終わってしまいました。
DSC_0022_0.jpg

最後となりましたが、今回の記事をもって『北の風に乗って企画~前後扉貸切ツアー~』の特集記事は完結となります。
思えば5月から計画がスタートし、何か大きな企画をしたいと思い当ブログ5周年にあわせて8月に実施することができました。初の幹事もさせていただき、ご迷惑をおかけしましたが無事企画を終了させることができました。おかげさまで本当に貴重な体験をすることができました。
あれ以来、やはり2920はずっと忘れないような、特別な車両となった気がします。
しかし、じょうてつらしい仕様とも言える前後扉車・高出力・長尺という車両も札幌22か2918、2920の残り2台と言う状況です。
そしてあと数カ月程度の運命でしょうし、最後までぜひ頑張ってもらいたいものです。
前後扉車引退時には何かイベントとかもあればいいな、とは思ってもいるのですが…。
とにかく引退まで記録して行ければ、と思います。
何にせよ、こうして昔から見て、乗ってきたじょうてつの前後扉車を貸切ることができたこと、今年1番の良い思い出となりました。
改めて、この企画に携わっていただいた、じょうてつバス職員の方々、乗務員さん、参加者の方々、そして1日中走ってくれた2920、皆さん本当にどうもありがとうございました。
DSC_0311_0.jpg


北の風に乗って企画~前後扉車貸切ツアー~関連記事
【ご参加ありがとうございました】北の風に乗って企画~前後扉車貸切ツアー~
北の風に乗って企画~前後扉車貸切ツアー~レポート
北の風に乗って企画~前後扉貸切ツアー~札幌22か2920幕回し
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんは。
じょうてつ川沿営業所見学レポートの更新ご苦労様です。
22か・29‐19、運転席周りや座席の一部が撤去されたことでさすがに廃車になっている感じはしますが、一方で部品確保のための廃車ということも考えられます。日野の前後扉車一味もすでに排除させて「世代交代」という感じはあります。
自分もデシカメで前後扉車を撮影したころはありましたが、以前使っていた外付けハードディスクが壊れて、データ復元が不可能になってからもうあの車両の画像を取り戻すことが不可能になってしまいました。現在その前後扉車を含めた車両の画像を募集している最中です。

かつて学園都市線の主力だったキハ141列車ですが、JR東日本盛岡支社管内の観光列車に転用されることになりました。
SLC-58239番台の蒸気機関車とともに、JR釜石線の観光列車「SL銀河鉄道」として運行されるもので、運用は2013年度冬から順次スタートする予定です。
車内も学園都市線時代には見られなかったリクライニングシートへ改造。指定席とサービスコーナーが設けられる予定です。キハ141に搭載されているエンジンはそのままで、SL機関車の補助的役割として果たすこととなります。

沿岸バスですが、以前、羽幌本社ターミナルと羽幌沿海フェリー乗り場まで徒歩移動していたものが2013年4月から小型バスで運行することが決まりました(北海道新聞のHPより)。
これは来年4月に完成する羽幌港中央埠頭内のフェリーターミナル供用に伴うもので、車両は、同社美少女キャラクター「観音崎らいな」を起用した定員13人乗りのトヨタハイエースを投入。札幌‐羽幌間の「特急はぼろ号」やフリー乗車券「萌えっ子フリーきっぷ」利用者や、これまで出かけることのなかった天売・焼尻両島住民の利便性向上が期待されています。では失礼します。

小樽市内の小さな動き

日中時間帯の朝里川温泉線にレインボーが使われるようになりました。
今日は1379が運用に就いていたので677が桂岡へ運用されている可能性が有ります。

また朝里の2851の運用制限が無くなり朝里担当の全路線に入るようになりました。
中古車のように運賃表が装備されたかは不明です。

こんばんは


夕鉄バスの元中央バスは1344と1414がまだ生きてます。
1344は今年中に…ではないでしょうか。


あと、783が廃車になったようです。夕鉄最後の90年式路線車でしたが、最期は循環線に就いて、夕張市内を回りました。

置き換えを見に11時の便を待ってたんですが、1790が就いてました。

JHBの新車で新たに200か3366(531-2954?、無線272)のエルガの車体が手稲営業所路線で走っていました。
ここ最近JHBの新車は近郊型の2+1列シートかつ、ワンステで入る傾向にあるようです。冬季になるとバスの乗客が増えていく路線があるのですから、詰め込みのきく都市型ノンステ車両(低床化を推進する意味で)をそろそろ入れた方が無難かなと思います。

札幌22か2919無線番号102
メーター類やカメラや座席が一部撤去されているということは一定期間部品とりの車両として留置してあったのでしょうか?。まだまだ走れると思いますが、きっと解体されるでしょうね。
じょうてつの場合は新車時のシートの取り換えは10年くらい経過してから施していますが、廃車が15年~18年でしていますのでその真ん中の8年3か月で施せばいいと思いますが何か理由が隠されているのでしょうか?。

札幌200か・407
写真を見て知りましたが407はAT車で無線番号が161と見えましたが、これは当初のバスで言うと、85年式
日産ディーゼルの札22あ4115になります。この年式のバスは4114~4118の導入で4116までがUDでしたが後ろにUDのマークがない異例のバスでした。そして天井にある換気扇の導入もこの年式からでした。今後ぜひ無線番号の入った所属表の作成を期待しています。

ちよっとした目撃情報
今日、JHB琴似の札幌22か2140(元琴に93-12)を北5条通りで見ました。
まだまだ力走していますね。
 あとは、18時40分頃石山地区でじょうてつの札幌200か2308を見ましたが、自分としては珍しく12系統定山渓行で目撃しました。
 中央バスの(多分西岡所属)札幌22か3102は、LED改造されていたのですね。西岡地区で見ました。

こんにちは
407がAT車だったとは知りませんでした
ボタン式ではないのも珍しいですね。

琴似の22か2141を久し振りに見れました
今月に入ってから93年式の運用範囲がだいぶ変わったなと思います。

(JHB)除籍車情報

今日午後に札幌新道上で、JHBの札幌22か17-61(推定、いすゞ+富士重)が、レッカーで移動されているのを偶然見かけました。

GT-HIROさんへ
札幌22か1761がレッカーの移動してたんですか
分かりました
JHBは中古の92・93年式または
自己発注の92・93年式どちらも除籍されますよね
もっと長く活躍すれぱいいのに・・・
いつかは海外に輸出すると幸いです
来年も除籍車両が増えるでしょうね

ある意味…

今年一番のサプライズかも知れません。
小樽管轄の三方車全てに、運賃表が装備されていました。

勿論、プロパー・移籍車全てです。

これは驚きましたね。

Re: タイトルなし

こんばんは。

>seisukeさん
前後扉車の座席は藻岩の3245,3271、川沿の3298,3311には確実に移設されていますね。
そのためか、シートモケットもKC-の前後扉車と同じシートモケットが採用されていますし…。
なかなか前後扉車の写真は撮ることがなかったので一番古くても987ですし、それ以前の575あたりの車両や923あたりの車両も1回は撮ってみたかったです。
あと藻岩線塗装も結局1回も撮らずじまいだったのは本当に後悔です。

キハ141ですが、既に本州へ持っていかれたようですね。
このまま廃車になるよりは改造をしてでも第2の人生を歩んでもらいたいですしね、本州で活躍する姿も見てみたいものです。

沿岸バスですが、マイクロバスでフェリーターミナルまで出すのですね、路線車の新車も導入していることですし、車両もだんだん新しいものばかりになってきましたね。

Re: タイトルなし

こんばんは。

>yutetsuさん
1414はまだ大丈夫なんでしょうかね、札幌市内にブルリが来るのも当たり前でしたが、今となっては大谷地などで待っていてもセレガ系が中心ですよね。

783も落ちてしまいましたが…これで旧塗装車は中型だけになったんですね…。
784と比べて塗装更新もしたおかげできれいなイメージでしたが…ラッピングの契約切れなどもあるのかもしれないですね。
これで札幌で見られるP-路線車も残り1台ですね…残念でなりません。

Re: タイトルなし

こんばんは。

>札幌西@琴似営業所さん
JHBは路線車による貸切も多いですので、数年に1回は貸切兼用車も入れる必要があるとは思いますが、それ以外では詰め込みがきく車両を入れてるのでしょうかね、JHBといえば標準尺が中心でしたが最近は長尺の新車が多いですし、このあたりも詰め込みがきく車両を意識しているのでしょうか。
ただ、ノンステはどうしても車内後方の段差が高くなりがちで、後ろのほうで立つスペースもあまりないというのも乗っていて思うことです。
それでもJHBのノンステはハイブリッド含めここ数年入っていないですし、そろそろ入っても良い気はしますね。
ぜひふそうのノンステも見てみたいものです。

KL-では前中扉間をロングシートにした車両も多かったですが、これも混雑を意識したための仕様ですよね。
なのに改造してロングシートを減らす…、というのも不思議に思うところです。

Re: タイトルなし

こんばんは。

>わかひろさん
2919はもうあの状態で動くことはないですよね。
シートモケット交換は現在2001年式の一部まで行われていますよね、最近の傾向は移籍車でシートモケット交換したほうがよいもの(無地のシートな名古屋市営、横浜名所が描かれている横浜市営など)の移籍車が入ってきたときに同時に自社発注車でもシートモケット交換をしているように思います。
前後扉車でシートモケット交換をした車両は早いものでシートモケット交換から1年半程度で廃車になったものもいますね。
それでもその後、移籍車に移設している車両もいますので、それを考えてその時期にシートモケット交換を行っているのかもしれないですね。

407は札22あ4115の代替だったのですね、このころから車両を廃車にするのも早かったようですね。
無線番号の調査はなかなか大変ですね…、藻岩のように窓に貼られているわけでもないですし…。
貸切車については無線一覧が貼っているのですが、路線車はそういったものがないこともあって調査は大変そうですが、出来る限りはやってみたいなと思います。

西岡の3102は今年の春くらいだったかと思いますが、北の2661とともにLED交換が行われました。
そして今月から西岡に転属して稼働していますね。

Re: タイトルなし

こんばんは。

>琴い94-5さん
407は特殊なATで、MTとして運転もできるものです。
そのため、AT車独特な音や動きも407では見ることができないです。

琴似ですが、93年式は最近全く見ないですね…。
円山方面にでも行けば見れるでしょうかね?

Re: (JHB)除籍車情報

こんばんは。

>GT-HIROさん
JHBの自社発注92年式も最近は全く見なくなりましたし、もう見ることもできないですかね…。
どこにレッカーされていったのかも気になるところです。

Re: タイトルなし

こんばんは。

>おべんとうさん
さすがにこの年式で海外は滅多にないような…。
まだ使えるわけですが、新車の導入も進めていかなくてはならないうえでは廃車もしょうがないものですね。

Re: ある意味…

こんばんは。

>名無しさん
小樽管内のすべての車両についたのですか!
全部新型24コマでしょうかね?
確かにこれはサプライズですね、今までは運賃表のスペースにいろいろと貼り紙もありましたが、それも今では見られなくなったということですね…。


管理者にだけ表示を許可する

最近の成果より~早速お目当てのあれに…~ «  | BLOG TOP |  » 札幌200か880LED更新

画像が変わるプロフィール

OTB@北斗15号のプロフィール

Author:OTB@北斗15号
FC2ブログへようこそ!
中央バス西岡営業所の車両をよく見ながら生活している学生です。
たまに一眼レフを持って出かけたり…。
鉄道、バス、アニメetc...に興味を持ってます。
年齢はバスのナンバーで言えば札幌22か2400番台、721系F1009編成の製造1週間くらい前、東豊線福住延伸ちょうど1か月前。

『北の風に乗って』は、北海道の地から風のように颯爽と走り去る、引退して風のように吹き去っていく、そんなバスや鉄道に乗って、それを紹介したい思ったのが由来です。

plugin by F.B

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter@s22k1845

QRコード

QR

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
935位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
208位
アクセスランキングを見る>>

kitaca

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる