topimage

2017-06

【じょうてつ前後扉車】札幌22か2918 - 2013.03.21 Thu

札幌22か2918
【車両詳細】
所属:じょうてつ川沿営業所
車種:ふそうニューエアロスター
型式:KC-MP717PT
製造年月:1997年2月
車台番号:34 7341
無線番号:103
走行距離:約90万km(地球約22.5周分の距離)

じょうてつの自社発注車で、前後扉車の導入はこの代の車両で最後となりました。
また、高出力車や特徴的な座席配置など、じょうてつらしい仕様となっています。
1997年の路線新車は、札幌22か2914~2916、2918~2920の導入で、ふそうニューエアロスターの導入はこの代が初でした。
1997年春には無線番号103の無線を搭載、2008年には新型運賃箱を搭載、2010年春にはシートモケット更新、そして2920含め前後扉車としては唯一、2012年春には液晶運賃表を搭載、2012年秋にはICカード対応新型運賃箱を搭載した車両でした。
2012年春には前後扉車のほとんどが運用を離脱し、2919も同時に離脱しました。
その後も2920とともに活躍を続けていました。
しかし、2013年3月をもって残念ながら引退となりました。
2920より約2週間ほど長い活躍でした―
なお、これによりじょうてつから自社発注前後扉車が消滅となりました。
26117_R.jpg
26124_R.jpg
30098_R.jpg
DSC_1831_R.jpg
DSC_1833_R.jpg
014_R_20130321020920.jpg
031_R.jpg
036_R.jpg
046_R_20130321020918.jpg
057_R_20130321020917.jpg
DSC_1537_R.jpg
DSC_1531_R.jpg
DSC_1547_R_20130321021047.jpg
DSC_1545_R.jpg
DSC_1543_R.jpg
DSC_1541_R.jpg
DSC_1533_R.jpg

あとはサンプルカーではありますが最後の前後扉車となった407も最後まで頑張ってもらいたいですね。
最後にサプライズもほしかったところではありますが、本当に引退というのは残念でなりません。
じょうてつ=前後扉車、この先もずっとそんなイメージがついていると思います。
前後扉車は何十年も前から見ることができたじょうてつらしい仕様、昔からずっと見てきました。
見かけるのが当たり前だった、しかしそれが見れなくなったというのは今でも信じられない話です。
2918も2920と同様に追いかけてきた車両、本当に大好きな車両です。
じょうてつの前後扉車に乗れたこと、撮れたこと、追いかけられたこと、貸し切れたこと、すべてに感謝。
たくさんの思い出をありがとう、そして16年間本当にお疲れ様!
そして前後扉車、今までありがとう!
スポンサーサイト

● COMMENT ●

おたもいにも新車が入りました

久しぶりに、おたもいにも新車が導入されました。
札幌200・か3436という登録番号で、三菱ふそうのエアロスターです。

市内本線等で使用されているサイズだったのには驚かされました。
という事は、古参のバスは離脱の可能性が高まりましたね。
おたもい線での運用を確認しています。

ダイヤ改正で…

小樽管轄はドラスティックな改正がありました。
山手線が南小樽駅発着中心の路線になる様です。

新しくなる市民病院へのアクセスを便利にする為の変更だと思いますが、驚かされました。

Re: おたもいにも新車が入りました

こんばんは。

>名無しさん
おたもいは久しぶりの標準尺車ですね。
これでおたもいの最古参は2882でしょうか…。
おたもいは複数台の新車が導入されているようなので、他にも転属などが発生している可能性がありますね。
しかし、今の時期は特に入れる路線も限られると思いますし、山手・天狗山・おたもい・塩谷・最上程度の運用でしょうかね…。

小樽は改正で結構な変化があるようですね、山手線については特にびっくりです。

おたもいの新車 12赤岩線、42赤岩ぱるて築港線に入っていましたよ。

お久しぶりです。

3436は今日マリンコースで運用されていました。
2435が見えないのが気がかりです。

また古参車の2882、2889、2890、2894は走っています。

朝里には3439、3440のエルガが入りました。
離脱の懸念の有る車両ですが、2419は未確認ですが、2420は稼働しています。
もしかしたら中古の導入か追加の新車が入れば離脱する可能性が有ります。

中央バス情報他

昨日、発寒地区で札幌200か3437のナンバーの中央バスを見ましたが3436と同型でしょうか。ニューエアロスターなのは確認しましたが新車か中古までかは確認できておりません。
配置は新川営業所でしょうね。

一方、東営業所の元市営バスの東い94-9札幌22か2390は稼働しているのを見ました。

じょうてつ札幌22か2918はとうとう廃車になりましたか。それと同時に2920より逆順に無線番号が
付与されたバスの解散及びじょうてつ自社発注の路線バスの札幌22かナンバーの消滅などいろんな意味がある廃車ですね。
この車両は平成9年4月より稼働された車両ですが次年度に導入された1998年式の52~57は平成10年12月からとかなりの空間があります。ですから自社発注の廃車は通常に考えると1年半は発生しないものと思います。もしかしたら平成26年の廃車は0かも知れませんね。
過去に1988年式の156・157の廃車は平成15年でしたが、1989年式の502・503・573~575は平成17年の廃車で平成16年の廃車はありませんでしたね。
自社発注の廃車はこれでひとまずのところでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

じょうてつバスの前後扉車残り1両に

どうもお久しぶりです。
じょうてつバスの前後扉車が残り407のみになりました。 
自己発注の前後扉車が全廃になるのはちょっと残念です。
まだまだ生きる気があるのに、本当悲しみます。
2918.2920全廃16年間お疲れ様でした。

さて中央バスの94年式がまだまだいたとは
大変ありがたいです。
13年式の新車vs残存している94年式ですな。
それにU-の日野7Eがいなくなるのも残念です。
2436先輩だけ譲渡あるいは記念に保存して飾るのも自分は悪くありません。
世の中は厳しいですな
それでは

自社発注の前後扉車が全廃する前に、

こんばんは。
とうとうじょうてつの自社導入の前後扉車全廃ですね。日野・三菱共々廃車する前にお世話になった感謝イベントを開催するべきですよね。あと、前方動画と走行シーンを収録したDVD見たいな物や、実物を再現したミニカーを販売するべきではないかと思います。
たとえ前後扉といえども、内装は各年式によって個人差があるので、バラエティー感ありありだったと思います。
全廃する理由には乗り降りしやすい前中扉に統一したかったのもありますが、逆に後扉車は標準床に近く、乗り降りしにくい印象もありますね。

さっき、自宅のパソコン印刷機で中央バスの岩内方面の時刻表をプリントアウトしたのですが、その中に神恵内線の時刻が若干修正されていました。その中に盃温泉街8時53分発岩内ターミナル行きがなくなっていました。岩内発盃温泉街行き早朝便一本も削られているはずです。残り4往復と大森行き5往復、川白行き3往復(うち2往復は神威岬発着)には変わりありません。

25日のJR函館本線の札幌市内区間の送電トラブルはひどかったですね。新聞にも大きく掲載していたのですが、札幌近郊の列車どころか、道内各地を発着する特急列車にも運休や遅れが発生し、代用として高速バスを利用した人も少なくありません。自分も5月に東北へ在来線と新幹線を乗り継いでいくのですが(帰りはフェリー+バス)、ここ最近のJR北海道ってひどくありませんか?今走っている特急列車や近郊列車でも、国鉄時代に作られたものから若くて6年前後に作られたものと多種多様ですが、札幌‐函館・網走を往復車両でも20年以上が経過し老朽化していると思います。
今後、車両や線路のトラブルが続くことを考えると高速バスのほうがいいかと思います。自分も道内を移動するときは極力高速バスにしています。では、しつれいします。

Re: タイトルなし

こんばんは。

>名無しさん
情報ありがとうございます。
とりあえずいろいろな路線に入っているようですね、梅源など本当に厳しい路線以外は使うんでしょうね。

Re: タイトルなし

こんばんは、まとめてレスしますね。

>ちるどれんさん
ご無沙汰してます、そして情報ありがとうございます。

3436が散策バスに入っていたというのはびっくりです。
散策バスに大型標準尺車が入ったのはいつ以来でしょうか、1216あたりがラッピングしていたころ以来でしょうかね。
10年くらい前は1825や1521などもいましたし、それが普通の光景でしたがね…。

他、真栄やニセコバスのほうなども、最近は狙っているので、いろいろと撮れたのですが、何が落ちたのかというのは本当に不思議でならないですね。
2985もきれいでしたが、見かけないですし、どうなのでしょうかね。

Re: 中央バス情報他

こんばんは。

>わかひろさん
情報ありがとうございます。

3437は見ることができました、ニューエアロスターの新車は割と多いイメージがありますが、やはりワンステ以外は入らないでしょうかね。

じょうてつの自社発注札幌22かナンバー車が全滅というのは本当に残念な話です。
自社発注の置き換えはしばらくはないような気がしますが、これからはU-移籍車が置き換えの対象でしょうかね。
まだ自社発注のKC-全滅までは時間がかかりそうな気もしますが、去年のように95~97年式が一気に置き換えられたことも考えれば、どうでしょうかねぇ…。
LED車ですし、大丈夫な気はしますね。
本当に今回の新車は残念な置き換えとなってしまいました。

Re: じょうてつバスの前後扉車残り1両に

こんばんは、まとめてレスします。

>おべんとうさん
じょうてつの前後扉車はしょうがないですね。
他社より走行距離も長いですし、床が高いために乗りにくい、いちいち新路線ができるごとに幕を作らねばならないなどデメリットは多いんでしょうね。

中央バスの94年式は今回の新車台数を考えればまだまだ大丈夫でしょう。
あと2851ですが、幕抜き=廃車というわけでもなく、まだまだ新しい車両ですので転属だと思いますよ。
さすがにKC-の置き換えをやるなんてことは…ないと思いますけどね…。

Re: 自社発注の前後扉車が全廃する前に、

こんばんは。

>seisukeさん
さすがにじょうてつはなかなかそういったイベントもないですし、他の車両同様に静かに引退していきましたね。
結局はなんのイベントもなく、レッカーされて…という結果でしょうね…。
407はまた特殊ですが、自社発注の前後扉車は本当に年式や車種で仕様が異なっていましたよね。
U-まではシートモケットも車種によって異なっていましたし…。
もう見ることができないでしょうが、記憶の中にはずっと忘れずに残しておきたいですね。

JR北海道はトラブルが続いていますね。
相変わらずといったところですが、故障はキハ283だけでなく、キハ183などでも発生しているようですし、本当になぜこんなにトラブルが多発するようになったのか疑問です。
最近はバスを使う機会もずいぶん増えました。

こんばんは。

3436を初めて見た時は朝里かと思いましたが、後日見たら散策に入っていたので驚きました。
中型で入ると思った新車が大型で入ったのも驚きです。

1824や2417や2655以来のおたもいへの大型の導入は嬉しいですね。
これにより大型導入により朝のラッシュ解消に繋がるのも良いですね。

真栄ですが、2985は稼働してますよ。

車両の動きはまだ見られないですね。
個人的にはマイノリティな存在の西工ボディの転属はしないでほしいですね。


管理者にだけ表示を許可する

富士重工7E+U-HU2MPAA全滅ほか «  | BLOG TOP |  » まだまだ乗れる!~中央バス札幌22か2200番台~

画像が変わるプロフィール

OTB@北斗15号のプロフィール

Author:OTB@北斗15号
FC2ブログへようこそ!
中央バス西岡営業所の車両をよく見ながら生活している学生です。
たまに一眼レフを持って出かけたり…。
鉄道、バス、アニメetc...に興味を持ってます。
年齢はバスのナンバーで言えば札幌22か2400番台、721系F1009編成の製造1週間くらい前、東豊線福住延伸ちょうど1か月前。

『北の風に乗って』は、北海道の地から風のように颯爽と走り去る、引退して風のように吹き去っていく、そんなバスや鉄道に乗って、それを紹介したい思ったのが由来です。

plugin by F.B

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter@s22k1845

QRコード

QR

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
974位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
200位
アクセスランキングを見る>>

kitaca

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる