topimage

2017-08

2015.6~7 道内各地のバス動向 - 2015.07.11 Sat

道内のいくつかの都市へと行ってきたので、今回の記事ではバス動向や撮影した車両などを紹介していきます。

●北海道中央バス
・古参中ロマ車の動き
中ロマ車ですが、最近は動いているのを見かけていなかった古参車も数台稼働しているのを確認しています。
【札幌22か2287】
2014年8月の新車導入で既に引退したと思われていた札幌22か2287が5月ごろから再び動き出しました。
自社発注車では1994年秋導入の車両(札幌22か2400番台)ですら残り1台という状況であるにも関わらず、1994年春導入の車両が復活するというのは驚きでした。
DSC_1362_R_20150711222950c5f.jpg
【札幌200か752】
夏ダイヤ期間中はほとんど動いているのを見かけていなかった車両ですが、今月に入ってから何度か目撃しています。
DSC_1367_R.jpg

●北都交通
・最近の新車
予約制路線向けの新車が導入され、2015年7月から稼働を開始しました。
前年から採用されているUSB充電とプラズマクラスター付きエアコンのほかに、今回の新車からプライベートカーテンも取り付けられるようになりました。
稚内、根室、函館方面だけでなく、帯広まで3時間半程度という昼行便でも運用されています。
【札幌200か4059】
DSC_1349_R_20150711222935933.jpg
帯広からのポテトライナーで運良く乗車することができましたので、車内の画像も紹介します。
DSC_1353_R_201507112229341e0.jpg

●道南バス
・苫小牧市営委譲路線からの用途変更車両
苫小牧市交通部委譲路線向けとして導入された車両の一部が郊外線向けに転用されています。
元千葉海浜交通の894号車、895号車が転用されているのを確認しました。運賃表も液晶タイプに交換されています。
【894 室蘭200か776】
DSC_1096_R.jpg

●沿岸バス
・最近の新車
2014年に留萌~羽幌~幌延~豊富を結ぶ豊富留萌線向けに3台の新車が導入されました。
2012年導入のふそうエアロスター(QKG-MP35FM)以来の路線車で、日野ブルーリボンⅡ(QKG-KV234Q3)が選択されました。
【旭川230い1402】
DSC_1172_R.jpg

・その他撮影した車両から
【旭川22か784】
DSC_1162_R.jpg
【旭川230あ1301】
羽幌港連絡バスで使用される車両で、”観音崎らいな号”として同社のキャラクターのラッピングを纏っています。
DSC_1159_R.jpg

●北海道北見バス
・旧塗装車
最近1台が引退したものと思われ、残りが遠軽営業所に4台、北見営業所に1台の計5台が残る旧塗装車。
台数が少ない上に郊外線メインのため運用範囲が広く、なかなか見かけることのできない車両です。
【北見22う295】
この車両は、その中でも2台残っている日野ブルーリボン(KC-HU2MPCA)のうちの1台です。
CSC_0875_R_20150711222622a21.jpg

●北紋バス
・撮影した車両から
【北見22う354】
DSC_0848_R.jpg
【北見22う356】
DSC_0859_R_20150711222617fda.jpg
【北見200か189】
現在1台のみ在籍するふそうエアロミディ(PA-MK27FH)、同社初のノンステップ車です。
もともと同時期に導入された同型車がもう1台在籍していましたが、北鉄奥能登バスに移籍しています。
DSC_0845_R.jpg
【北見200か218】
DSC_0864_R_20150711222616cff.jpg
【北見200か219】
DSC_0881_R_2015071122265323b.jpg
【北見230あ104】
DSC_0841_R.jpg

●網走バス
・最近のラッピング車両
2015年5月末に最新の名鉄バスからの移籍車2台にラッピングが施されました。
【北見200か355】
網走バスに在籍する元名鉄バスの中では唯一のノンステップ車(KL-MP37JM)にコカ・コーラのラッピングが施されました。
DSC_0883_R.jpg
【北見200か356】
同じく元名鉄バスのふそうエアロスター(KL-MP35JM)に北海道新幹線のラッピングが施されました。
ラッピングを纏っているのは側面のみであるため、前後は名鉄バス時代の塗装がそのまま残っています。
DSC_0910_R.jpg

・その他撮影した車両から
【北見22う313】
DSC_0918_R.jpg
【北見22う317】
郊外線メインで活躍するトップドア車で、道内では珍しい短尺(KC-MP717K)が選択されています。
DSC_0902_R.jpg
【北見200か338】
DSC_0896_R.jpg

●阿寒バス
・古参車
【北見200か245】
もともとは都営バスが1987年(R代車)に導入した車両で、阿寒バス移籍後は本社営業所に配属されていましたが、その後美幌営業所に転属し、現在に至ります。
阿寒バスでは最古参車両となる車両で、美幌町内循環線専属車両が運用から外れているときにしか動かない予備車です。
そのため、1年の間で10日前後しか動かないという非常に貴重な車両ですが、運よく乗車することができました。
予備車の期間が非常に長いため、走行距離が相当短く状態も割と良いように思えますが、経年車のためそろそろ引退も迫っているのではないでしょうか。
DSC_0931_R_20150711222719e50.jpg
DSC_0956_R_20150711222718a15.jpg
DSC_0999_R.jpg
DSC_0956_R_20150711222718a15.jpg
車内より。車内も都営バス時代からほとんど変わっておらず、床も板張り、無地の青色モケットがそのまま残っています。
DSC_0968_R.jpg
DSC_0988_R.jpg
DSC_0986_R.jpg

●十勝バス
・最近の移籍車
東武バスから移籍車が2台導入され、6月から稼働を開始しました。
日野レインボー中型ロング車(KL-HR1JNEE)は、道内の事業者では北見バスに次いで2例目の移籍例となりました。
【帯広230あ1502】
DSC_1191_R_20150711222742b70.jpg
DSC_1325_R.jpg
銀河線転換バス用で導入されたレインボーHRとの並びも。
DSC_1218_R.jpg
【帯広230あ1503】
DSC_1225_R.jpg

・古参車
まだP-が数台残っています。トップドア車はまとまった台数が残っていますが、前中扉車は残り3台のみとなりました。
【帯広22う381、383】
元JR北海道バスの日野ブルーリボン(P-HU236BA)も残り2台ではあるものの、まだ在籍しています。
もともとは”札幌22か”の2桁台のナンバーであった車両、ジェイ・アール北海道バスに残った同型車は10年ほど前に引退、拓殖バスに移籍した同型車も既にいなくなっていますが、27年目となる現在でも残っているこの2台はかなり長生きしている車両です。
DSC_1208_R_20150711222816231.jpg
DSC_1210_R_201507112228158ed.jpg
【帯広230あ116】
元京急バスの日野ブルーリボン(P-HT235BA)は3台移籍しましたが、現在はこの車両のみとなっています。
貴重なP-の京急型ワンステップバス、道内では道南バスにもまだ在籍しており、その姿を見ることができます。
DSC_1246_R.jpg

・その他撮影した車両から
【帯広22う191】
この塗装の車両も徐々に姿を消していますが、この車両はウィングマークなどもそのまま残っています。
DSC_1255_R.jpg
DSC_1253_R.jpg
【帯広22う193】
同型車の中では唯一となるトップドア車、現在はラッピングが施されています。
DSC_1320_R.jpg
【帯広22う286】
士幌線転換バスとして導入された日野ブルーリボン(U-HU3KPAA)ですが、同型車で専用塗装(夢大陸とかちカラー)を纏っている車両はこの車両のみとなりました。
DSC_1230_R.jpg
【帯広22う288】
こちらももともとは夢大陸とかちカラーを纏っていましたが、塗装更新の際に黄色一色の塗装に変更されました。
DSC_1258_R.jpg
【帯広22う314】
5月末に北海道新幹線のラッピングが施されました。
DSC_1294_R.jpg
【帯広230あ2032、2052】
DSC_1239_R.jpg
【帯広230あ2092、2102】
DSC_1244_R_20150711222843927.jpg
【帯広230あ1307】
元自家用と思われる日野ブルーリボン(KC-HU2MLCA)。銀サッシ逆T字窓、十勝バスでは唯一の中扉4枚折戸という特徴的な仕様です。
DSC_1201_R.jpg
【帯広230あ1309】
こちらの車両も最近になってラッピングが施されるようになりました。ラッピングされている範囲が広いこともあり、遠くからでも目立つデザインです。
DSC_1344_R.jpg

●北海道拓殖バス
・最近の移籍車
元関東バスの日野レインボー(KK-HR1JKEE)が流れています。
【帯広200か241】
DSC_1283_R.jpg

・古参車
ふそうエアロスターKが残り少なくなり、本社営業所に残っているのは1台のみです。
他にも数台残っていますが、転属により帯広市内には滅多に姿を見せなくなりました。
【帯広22う67】
拓殖バス最後のP-MP、そして唯一本社営業所に残っている、ふそうエアロスターK(P-MP618M)です。
DSC_1271_R_2015071122291069d.jpg
エアロスターMとの並び。帯広市内に行くと高頻度でエアロスターKを見ることができましたが、そのほとんどは関東バスからの中型車で置き換えとなりました。
DSC_1275_R_201507112229093a8.jpg

・その他撮影した車両から
【帯広22う293】
DSC_1337_R.jpg
【帯広200か145】
DSC_1269_R.jpg
【帯広200か180】
DSC_1266_R.jpg
スポンサーサイト

● COMMENT ●

今年度から苫小牧営業所所属車両のみ変更あり。

久し振りのコメントです。今回のブログの液晶式運賃表変更については全て苫小牧営業所所属車両の道南バスカラーの893、894、895、897、そして昨年度永福三条線復路運行中に大きな事故で一時は廃車と噂があったが板金塗装修理に半年かかり運用復帰した899号車の5台が郊外線の白老緑泉郷ー新千歳空港間の運用を行っております。私自身は先月末頃に元町3丁目から終点白老緑泉郷行きに乗車しました。苫小牧駅前バスターミナルー白老緑泉郷間は25コマで旧苫小牧市営仕様の運賃表で間に合いますが、白老緑泉郷から苫小牧駅前バスターミナル経由新千歳空港迄間ではコマが完全に足りないのと、運賃料金の桁が3桁しかなくが正しく表示出来ないので、その為の措置だと思われます。尚錦西営業所所属の車両には液晶式運賃表は設置されておりません。そして前回のコメントにも書き込みしましたが白老東高校専用スクール便に使用された100号車は昨年度にて契約終了にて今現在は旧苫小牧市営路線にて運用されております。


管理者にだけ表示を許可する

2015年夏、まだ見れる中央バスU-自社発注路線車 «  | BLOG TOP |  » 2015.春~東北のバス~

画像が変わるプロフィール

OTB@北斗15号のプロフィール

Author:OTB@北斗15号
FC2ブログへようこそ!
中央バス西岡営業所の車両をよく見ながら生活している学生です。
たまに一眼レフを持って出かけたり…。
鉄道、バス、アニメetc...に興味を持ってます。
年齢はバスのナンバーで言えば札幌22か2400番台、721系F1009編成の製造1週間くらい前、東豊線福住延伸ちょうど1か月前。

『北の風に乗って』は、北海道の地から風のように颯爽と走り去る、引退して風のように吹き去っていく、そんなバスや鉄道に乗って、それを紹介したい思ったのが由来です。

plugin by F.B

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter@s22k1845

QRコード

QR

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
906位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
201位
アクセスランキングを見る>>

kitaca

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる